2006年01月30日

サダハル・アオキのスイーツ。

パリで活躍していらっしゃる、日本人パティシエ・青木定治さん。

公式サイト。

お店はいつでも行けるからナ…、とつい先延ばしになっていたのですが、
先日知り合ったパティシエールCさんから

「青木さんの“バンブー”はおいしかったよ!」

と教えていただき、先日ギャラリーラファイエット店に寄ってみました。

お!あったあった、バンブー。

banboo1.jpg

わ、スッと細長くて、やたらとかっこいいです。

それと、小豆の文字に惹かれて、つい買ってしまったこれ。

dome1.jpg

名前を忘れてしまったのですが(ドーム?とかそんな感じでした)
抹茶と小豆のドーム型ムースケーキ。

あと、マカロン。(後日ご紹介)

余談ですが、店員さん(日本人)が研修中で不慣れなのか、見ていて
ハラハラする手つきだったので、寿命が縮みかけましたΣ(゚Д゚;)

このドーム型のケーキを箱に入れる時、傾いたり、マカロンが取れたり
何回も失敗して、結局、1つダメにしちゃったんです(つд`)

一生懸命だったから、かわいそうだったのですが…が、がんばれ!

あと、ケーキの箱を入れる袋が、超安定感の悪いビニール袋で、
おいおい、これ、めちゃくちゃ箱が傾くでねーの!!

青木さん、お願いですから改良して下さい、あの袋。
せっかくのケーキが倒れて台無しではないですか…(*>_<)


それはさておき。

帰りに寄ったギャラリーラファイエット・メゾンのSOLDE(セール)で、
大好きな「KAHLA(カーラ・ドイツの陶器ブランド)」が安く購入できて
ホクホク♪KAHLA大好き!(上の2枚の写真で使っているお皿です)

早速、このお皿使って、いただきます(´▽`*)♪

banboo2.jpg

バンブーは、青木さんの代表作のひとつなんですね。知らなかった。
(というか、洋菓子のこと本当に知らないって最近思い知りました)

その名の通り、竹をイメージしたシャープな形状と、抹茶の青々しさが
よく合ってるなぁと思いました。

フランス人にも受け入れら得るの?と思うくらい、抹茶が濃厚でほろ苦。
アーモンドプードルのような、ナッツ系の香りもふんわり漂って、味に
厚みを出していました。

抹茶の香りで、後味がスッと潔い感じで美味しかった(´▽`*)

dome2.jpg

次に、抹茶小豆ドーム(仮名)。

抹茶ムースの中に、小豆がたっぷり(´▽`*)うひゃひゃ。

下のビスキュイ生地に、ヘーゼルナッツと思しきダイスカットナッツが
入っていたのが、歯ごたえのいいアクセントになっていて美味し〜♪

小豆も、うれしくなる粒々具合でした。

そういえば!こ、これ、もしかして!私の日本の地元のご近所、かつ
大好きな和菓子やさん「一幸庵」のあんこなのか!?

(確か、青木さんは一幸庵のあんこを輸入していらっしゃるのでした)

頂いても、一幸庵か判断できませんでしたが、とってもおいしい小豆でした。
(バンブーにも小豆が使われているようなのですが、分からなかった…)

ごちそうさまでした!

【ブログランキング】参加中!
おいしそ〜(´▽`*)と思った方は、ぜひ【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:58| Comment(7) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

奴さん。

今日、通販で注文していたソファーベッドが到着しました。
記念すべき、初のフランス通販体験。

あぁ、これで友人たちが遊びに来ても泊められるワ(´▽`*)と
一安心=3 (すでに来週から友人が滞在予定なのです)

早速、組み立てを…と、ダンボールに手をかけて、びっくり。

yaco.jpg

宛名の、苗字の後に「YACO」の記載が。
えーっと、私の名前「Sayako」なんですけど(;´▽`)ゞ

初購入にして、勝手につけられたあだ名か?

歌手とか、タレントの名前みたい?

いや、むしろ日本人離れ(゚д゚*)?
(ケニアとかであり得そうな名前です)

何しろ、この名前で無事荷物が到着したことに、感謝です。

※ちなみに、こちらの家具類は基本的に全て自分で組み立てです。

【ブログランキング】参加中!
YACOの応援はぜひ、【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:03| Comment(4) | TrackBack(0) | パリ小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やわらぎモドキ。

先日炊いたお米、まだ一膳分残っていたので、何と組み合わせようなぁ、
と色々悩んだのですが

頭に浮かぶのは、桃屋「やわらぎ」のことばかり(-_-*)

24yawaragi.gif

実はSayagata、やわらぎが大好き。

あの歯ごたえ、程よい辛さ、まろやかな酸味…1回で1瓶いける、という
くらい大好きです。

日本ではコンビニで買えたけど、パリにやわらぎ売ってる訳ないしな、
としょんぼりしながら、例の中華食材店に寄ると…
(なんだかんだで毎日覗いてます)

yawaragi.jpg

Σ(゚Д゚ノ)ノ

ななな!
なんだこれ!ちょっと、やわらぎっぽくない?

というか、もしかして、やわらぎ?!

即購入です。


ごはんの準備をして、いざ開栓。

あー、かなりギトッと油っぽく、硬くて、酸味も強いけど
ちょっと、やわらぎっぽいかも!

目をつぶれば、なんとなくやわらぎを頂いている気分(´▽`*)

次回、帰国する機会があれば、ぜひやわらぎを買いに行こうと決意しました。

【ブログランキング】参加中!
私もやわらぎ好き!という方はぜひ、【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:51| Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

ノートルダム!

image/kissako-2006-01-26T08:47:05-1.jpg

先日、仕事の一貫で訪問したカフェで、偶然、日本人女性の
パティシエールと出会い、意気投合しました(´▽`*)

今日はその彼女と夕食をいただきにおでかけ♪

ノートルダム寺院でコンサートを聞いてから夕食の予定でしたが、
コンサートが、突然中止(時間変更?)になったらしい…。

結局、待ち合わせしてレストランへ直行。

とてもアグレッシブで魅力的な彼女と、お互いの夢を語りながら、
楽しい時間を過ごしました。

Cさん、どうもありがとう!

写真は、行きそびれたノートルダムです。

クリスマスツリーがまだ飾られているのはさておきライトアップは
すごくキレイでした。
(下の方にツリーがキラキラしてるの分かりますか?)

今日はオチなしです(*´д`)ゞ
posted by sayagata at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

贅沢ごはん。

やっとつながりました(*-_-)=3
お騒がせしてごめんなさい。

さて、今日はどうしても、ごはんを炊かなくてはいけないのです。

うふふ。

といっても炊飯器がないので、先日購入したル・クルーゼを活用です。

日本米は手に入りにくいので、お米は、近所の中華食材店で、
産地も何も書かれていない怪しいものを購入。
(虫が沸いちゃってないやつを探すのに一苦労です…)

ネットで調べると、ル・クルーゼでおいしくごはんが炊ける方法が
結構出てくるんですね(´▽`*)助かるなぁ。

ひとまず、以下の方法で試してみました。

1、お米とお水は同量。
2、炊く前に30分水に浸して…
3、中火で約5分
4、沸騰してきたら、ごく弱火にして10分
5、最後に思い切り強火。
6、なべ底からパチパチと聞こえてきたら火を消し
7、10分蒸らす。

(はじめチョロチョロ、なかパッパッ…じゃないんですね)

うちは電気なので、火の調整がしにくいのですが、まぁ最初から
うまくいくはずないし…と、レシピ通りにチャレンジ。

すると

suihan.jpg

わぁ!結構おいしそうに炊けたーヽ(´▽`)ノ♪わーい。
(あれ?写真からおいしさが伝わって来ない…)

ちょっと芯が残って、パサついた古米のようですが、予想より
全然おいしいです。食べられます。

そして!これが、今晩ごはんを炊かなきゃいけない理由なのでした!

mentai.jpg

じゃーん!明太子!!
先日、日本に行っていた上司のおすそ分けです。

ぎゃー!おいしー(*>_<)b なんたる贅沢!
明太子1/2腹で、カフェオレボウル3杯いただきました。

ありがとうございました。ご馳走様でした。

ちょっと炙って、日本酒でも頂きたかったなー。

【ポチリ!】奮闘中!
ビバ!明太子!!な方はぜひ、【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:36| Comment(7) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ページが表示できない日々。

image/kissako-2006-01-25T05:10:00-1.jpg

相変わらず、ネットにつながらない日々が続いています(-_-*)
レスの約束破りまくりで、本当にごめんなさい。
posted by sayagata at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

パリで頑張る和カフェ。

やっとネットがつながった!と思ったのも束の間。

ADSL絶不調で、30回起動して1回つながればまだマシな方です(つд`)
PCが悪いのか?それとも、フランス製ADSLモデムがダメなのか?

いずれにしても、とてもストレスフルなPC環境です…。
レス遅れてて、本当にスミマセン。

予定していた、ヤスシとのSKYPEも実現ならず(つд`)
うわーん。


さて、ネットがつながったらUPしようと思っていたカフェネタ。
今、ネットがつながっているうちに更新しちゃうぞ!

昨年末、立て続けに訪問した、パリで頑張っている和カフェ。

200512312212000.jpg

まずは、先日マカロンをご紹介した、とらやPARIS店

今年で25周年を迎え、すっかり、日本の喫茶文化発祥地として浸透していて、
パイオニアの貫禄も感じます。

店員さんも、店内のお客様もほとんどがフランス人!

ティーカップで優雅に日本茶と和菓子を楽しんでいる姿を見ると、なんだか
くすぐったいような(´m`*)

パリの権威あるカフェランキングでも2位になったほどの人気ぶりだそうで、
とらや贔屓のSayagataも、部外者ながらちょいと鼻高々(´▽`*)

まだ店内の喫茶室が未体験なので、追々、写真と共にUPしますね。
(撮影禁止かしら)
 
そして、2003年にオープンした、源吉兆庵パリ・マドレーヌ店

200512242038000.jpg

「あら、ステキな雰囲気だけど、何のお店なのかしら」と、興味深そうに
覗き込むマダムが多いようです。

持ち帰り用の販売カウンターを通り越し、奥へ進むと、雅楽が聞こえてきて、
能面や、掛け軸が飾られ、かなり和な雰囲気の喫茶室が。

200512242012000.jpg

私が頂いたのは、日本茶と、抹茶あんみつ!

日本で頂くものより若干、お味は少し落ちますが、久しぶりに頂くあんこや、
もちもち白玉は、かなり幸せな気分にしてくれました(´▽`*)♪

ところで、ご存知の通りフランスは硬水なので、どんな水でお茶を淹れているのか
興味津々。店員さんに尋ねてみると、BRITAの浄水器を通した水を使用されている
そうで、確かに、少し雑味があるものの、なかなかおいしい日本茶でした。

※写真は許可を頂いて撮影しています。

日本の喫茶文化普及を目指すものとして、こういう日本のお店が頑張っている
姿は本当に励みになります。

気持ちがくじけそうな時、また来ようっと!

【ポチリ!】復活!
和カフェがんばれ!な方はぜひ、【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 02:29| Comment(3) | TrackBack(0) | お茶・喫茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

ピローミスト。

最近、明け方によく目覚めます。

なぜって…上(下?)の階の方の騒音がすごいから(-_-*)
ケンカとか、音楽とか、えーっと、営みとか。

(しかも、明け方3時とか、4時とか、まともな時間じゃないのです)

フランスは多くの建物が古くて、うちのマンションも、築50年だとか。
これがまー、よく響く訳ですよ。

いや、もー、そんな響いてくれなくていいから(;´д`)ゞと言うくらい。

最近は、騒音がしたら、部屋で思いっきり(かなり本気で)ドスンドスン!
と飛び跳ねれば、ちょっとは収まってくれるということを覚えましたが、
それでも、眠りが浅くなるばかり。

そこで、ピローミストで気持ちを和らげ、少しでも安眠しようと、近所の
L`OCCITANEに行って参りました。

あー、あったあった。

200601210442000.jpg

ピローミストといえば、日本ではORIGINSのものをヘビーユースでしたが、これも
優しい感じでなかなかいい香り(´▽`*)♪

ウキウキで帰宅し、夕飯を頂いて床に就いた訳ですが、そのまま使用せずウトウト。
「ありゃ、いけないいけない」と寝ぼけ眼で、枕元のピローミストをプシュー。


んー(´▽`*)いいかお…



…んぎゃ( ̄□ ̄;)!!

い、痛い痛い!


吹き出し口が斜め後ろを向いていて、気持ちよく顔に向かって噴射してしまい、
ラピュタのムスカ並みに「目が〜、目が〜(つд`)」状態になってしまったとさ。

ピローミスト愛好家の皆様、暗闇での噴霧は気をつけましょう。

【ポチリ!】復活!
ピローミストに負けるな!と応援して下さる方はぜひ、【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:38| Comment(1) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

レス進行中。

コメントひとつひとつにレスを行っているところですが

…ごめんなさい、思ったより時間が掛かってしまっていて、
何回かに分けてご返信することになりそうです(;´д`)ゞ

すみません、ごめんなさい。(本日2回目)

必ず全てにレスしますので、首を長くしてお待ち下さいませ。
posted by sayagata at 08:08| Comment(1) | TrackBack(0) | ご挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネタのオンパレード!

やったーヽ(´▽`)ノついに、自宅PCがネットにつながりました!
これで、1つのエントリーに1つしか写真が投稿できないジレンマ&
お返事ができずに心苦しかった日々ともおさらばです。


さて、レスをする前に、どうしてもご紹介したい小ネタがあります。

昨晩、会社の方々と韓国料理を食べに出かけたのですが、そのお店の
メニューが、それはもー、Sayagataのドツボにハマった訳ですよ。

まず、ガシッと心をつかまれたのがこれ。

mochi.jpg

「おモち」って!なんでモだけカタカナなの〜(´▽`*)可愛すぎです。
しかも、下の豚キムチの“いため”の「ぃ」がちっちゃい!

そもそも「おでんとおモちのいため」という料理自体に興味津々。


他には?他には?と探してみると…

wae.jpg

さざえの…わ、わえもの!
“和え物”ですもんねぇ、むしろ「あえもの」の方が不自然だワ。

そして、どうしても頼む勇気が出なかった、こちら。

naso.jpg

ぎゃーΣ(゚Д゚ノ)ノ ナ、ナソザウソス!

ナソザウソス!(2回目)

もはや、恐竜の名前と化して、そもそも食べ物なのか分からない!


そして、極めつけ。

itano.jpg

キムチと豚肉の「いたの」。

「あぁ、今日は家に居たの…」みたいな、ちょっとアンニュイな雰囲気漂う
とても詮索したくなるお料理の数々でした。

※ちなみに、一番最初に出てきた「豚肉とキムチのぃため」と同じメニュー
のようですが、メニューによって、書かれた内容が異なるようでした。


もちろん、お料理自体はすごく美味しくて、店員さんもチャーミング♪
なんとも、クセになるお店でした。(いや、本当に)ごちそうさまでした!

(ご馳走になっておきながら、ネタにしちゃって最低だな、私。
すみません、ごめんなさい)

【ポチリ!】復活しました。
面白かったよー♪という方はぜひ、【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 04:08| Comment(7) | TrackBack(0) | パリ小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

ル・クルーゼ。

image/kissako-2006-01-16T08:10:16-1.jpg

柳宗理の鍋が変形してからというもの、調理器具は全てこちらで買い揃えようと固く決意。

フライパンは適当なのでいいけど(ちなみに柳宗理のフライパンも、火力が合わず
コーティングが溶けて見事に錆びました)どうせ買うなら、鍋はル・クルーゼにしたい(>_<*)

※ル・クルーゼ:フランスのこだわり鍋メーカー。

という訳で、先日ついに、日本でも愛用し倒していたル・クルーゼの鍋を購入しました!
小振り+大好きな青にホレボレ。かわいい♪嬉しい〜♪


これでお米も炊けます!
posted by sayagata at 08:10| Comment(4) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

和風チーズバーガー。

image/kissako-2006-01-13T11:50:37-1.jpg

昨日、中国人が経営する日本料理店で夕食をいただきました。

久々に「仕事の後の焼き鳥」を堪能し、以前、ヤスシとよく通っていた
サラリーマンの味方・さくら水産を思い出してちょっとしんみり。

いや、しかし!
しんみりしながらも、デザートはちゃんと頂くのです(*>_<)b

デザートメニューに「ガトージャポネ(和風ケーキ)」と言うのがあり
もしや和菓子か?と、一緒にいたメンバーが、ちょっとダルそうな
中国人店員さんにどんな代物なのか質問すると

「あぁ、それはチーズバーガーみたいなサンドだよ」との回答。


…えーっと、和風のチーズバーガーですか?


「最中じゃない?」と言う意見もあり、いざ注文してみると、出て
きたのは


ドラ焼き。


た、確かにチーズバーガーっぽいかも(-_-*)

懐かしい味を楽しみながら、ドラ焼きの新しい一面を見た気分になりました。
所変われば、見方も変わるものですね。
posted by sayagata at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

まぐろチーズ。

image/kissako-2006-01-10T06:47:29-1.jpg

先日、市内を一緒に回った同期から「これ、お土産!」と、いただいたもの。

え?まぐろチーズ?もしや、おつまみ??
ありきたりじゃないところも、嬉しいぃぃ(>_<*)
(彼は静岡の人なのです)

袋にちゃんと「切り口」や「開け口」が付いていたり、商品の包装が丁寧だったり
日本では当たり前すぎて気付かなかった、メーカーの心配りが、素直に暖かく感じました。

市松模様もかわいいなぁ(´▽`*)

しかも、これ、塩加減が美味しくて止まんない。危険です。

まさか、おつまみにこんな翻弄されるとは思わなんだ(-_-*)

Tくん、ゴチソウサマ!次回渡仏の時も「まぐろチーズ」よろしくネ♪
posted by sayagata at 06:47| Comment(4) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

全部入り!

image/kissako-2006-01-09T00:54:05-1.jpg

実は先日、ある方へのお土産用にマカロンを買いにLADUREE
(ラデュレ・老舗洋菓子店)に行ったのですが、やっぱり自分でも
食べたくなって(実は未体験)よし、どうせなら全部試してみよう!
と、「ぜ、全部1つずつ下さい(>_<*)!」と言ってみました。

すると、激マブな小顔店員さんに

「ただ今、17種類あるのですが、一番大きい箱で15個入りなんです」
と、申し訳なさそうに言われて、しまった…欲張りすぎたと赤面(-_-*)

「じゃあ、オススメじゃないやつを2つ引いて15個にして下さい」
と、後から考えたらすごく失礼なことをお願いし、はれて、15個、
マカロンを入手したのでした。

ひとつひとつが大振りなので、すこしずつ頂いていますが、
これでマカロン狂になる人がいるというのに納得。

ザクッと固めな皮部分は、ちょっと快感になってしまうくらい
絶妙な歯応えで、サンドされたクリームやジャムと絡まって、最後
まで美味しさに筋が通っている感じ。

中には、苦手な香りや甘さのものがありましたが、ラデュレが140年
以上も世界中から愛されて来た理由がちょっと分かった気がします。

それにしても、マカロンってどうしてこうも魅了されるのでしょう。
次はサダハル・アオキのマカロンを買ってみますか。
(その前にマカロンのカテゴリ作った方がいいかな)
posted by sayagata at 00:54| Comment(4) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

エッフェル塔へ歓迎!

image/kissako-2006-01-08T20:24:40-1.jpg

観光の締めは、ライトアップが華やかな「エッフェル塔」へ!

チケット売場に掲げられた「エッフェル塔へ歓迎!」と言う変な
日本語にもめげず(?)、最上階へ一直線に上りました。

やっぱりキレイです、パリの夜景。

フランス独特のオレンジ色の灯りが「パリを一望してるんだ」感
を盛り上げてくれて、後ろで騒ぎまくっていたドイツ人観光客が
あまり気になりませんでしたよ、えぇ、本当に(ニッコリ)。

という訳で、凱旋門に続き、やっと「いかにもパリ!」な景色を
お届けできます。

次はどこの写真がいいかな。
posted by sayagata at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ペ」のケーキ。

image/kissako-2006-01-08T20:14:33-1.jpg

昨日は、パリに遊びに来ていた前の会社の同期と、丸一日掛けて
市内観光+買い物しました。

早朝から朝市をハシゴし、色々とお店を見たり、美味しいものを
頂いたりして散々歩いた後、オペラにある「cafe de la paix
(カフェ・ドゥ・ラ・ペ)」でほっと一息。足パンパン。(元から)

初めて、ここの名物のミルフィーユを頂きました。

結構大ぶりなのですが、カスタードが軽くてびっくり。なんだこれ!

その同期(♂)はパティシエ並みにお菓子作りがうまいのですが、
彼もその軽さにびっくりしていました。パイ生地もサックサクだし
バニラビーンズもたっぷりで美味しかったなぁ。うっとり。

「ペ」と言う、ちょいとおマヌケな響きの名前に合わず、しっかり
くつろいでしまいました。
(ちなみにペ=平和の意です、多分)

続く。
posted by sayagata at 20:14| Comment(1) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

ガレット・デ・ロワ。

image/kissako-2006-01-07T05:03:44-1.jpg

本日1月6日は、新年を祝う公現祭(こうげんさい)の日。

日本でも大分お馴染みの「ガレット・デ・ロワ(王様のガレット)」
と言う、アーモンド風味のフィリングが入ったパイを頂き、中に
一つだけ入っている「フェーブ」と呼ばれる、小さな陶器の人形を
当てた人が王様として祝福される、ちょっとお楽しみな季節菓子です。

みんな大好きなので、この時期、パン屋さんの店頭はガレットだらけ!

お昼に、日本でもパン屋No.1の座に輝いた「カイザー」で
上司が買って来てくれたのを頂きました。ひゃっほーヽ(´▽`*)ノ

一人用の小さいサイズでフェーブは入ってないタイプでしたが、
アーモンドの香りとパイのサクサク具合で、すでに王様気分。

しかも焼きたてですごく美味しかった!ごちそうさまでした!

ところで、夕方の商談で外出したのですが、商談に使ったカフェにも
もちろんガレットが。同席のお客さんが「もちろん食べるよねぇ?」
とニッコリ。

えーっと、さっき食べたんですけど…というかお腹いっぱい…と言う
言葉を辛うじて飲み込み、笑顔で、本日2回目のガレットをもぐもぐ。

ところが、これでは終わらなかった!

同席した4人ともフェーブが当たらず、そのお客さんが「4つも食べたのに
なんでフェーブが入ってないのさ!」と、さらに追加したから、さあ大変。

「フランス人になるためにはガレットを食べないとね」と、3つ目の
ガレットを押しつけられ、「これで私もフランス人ですねぇ」なんて
言いながら、Sayagata、胃袋が昇天寸前。

やっつけ仕事で飲み込みましたが、これまたフェーブが入ってない!!

まさか4ラウンド目か…と半分涙目になりましたが、さすがに彼も
諦めたようで「今日はなんてツイてないんだ」と肩をすくめて、
その日の商談を終えたのでした。

ステキな方ですが、運不運だけて人の胃袋いたぶらないでほしい(つд`)

今日はもう何も食べられません。
posted by sayagata at 05:03| Comment(1) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

フレンチ鯛焼き!

image/kissako-2006-01-06T07:15:15-1.jpg

今宵は、会社の仲間と和食レストランでお寿司などを頂きました。

嬉しかったのが、最後のデザート。

懐かしの鯛焼きです(´▽`*)あんこ、ウマー♪

デコレーションが、日本とはちょっと違う感じで、それがまた
面白かった。フランス人はかなりライチが好きらしくて
鯛焼きにも添えてある辺り、日本の感覚とは違うなぁとしみじみ。

何しろ、和菓子を頂けて幸せな気持ちでした。

ちなみに私は「味咲き」の抹茶白玉鯛焼きが大好きです。
(要らない情報)

ところで、昨日のたまねぎモドキ=フェンネルは意外にも甘みが
あって、クセも感じられず美味しかったです。何事も経験ですねぇ。
posted by sayagata at 07:15| Comment(3) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

たまねぎモドキ。

image/kissako-2006-01-04T06:21:05-1.jpg

キャベツに懲りず、今日もベジスープを作ろうと決意したSayagata。
丈夫そうなナイフも購入済みなのです。ふふふ。

「あ、たまねぎ入れようかな♪」と、買ってきた袋から取り出して
…しばしフリーズ。

あれ…?なんでoignonじゃなくて、fetouilって書いてあるの?
というか…fetouilって、

…何?

恐る恐る辞書を調べてみると「ウイキョウ フェンネル」の記載。

えΣ( ̄□ ̄*)

こここ、これ、たまねぎじゃないの!?形ソックリなんですけど!
フェンネルって香草じゃなかったっけ?というか!

そもそも、これ食べられるの?!
(野菜コーナーにあったけど、もしかして観賞用植物?!)

大混乱の末、フェンネルの調理法なんて知らないので(開き直り)
たまねぎと同じように炒めてみることにしました。

頂くのは明日ですが、恐くて味見できません(つд`)
posted by sayagata at 06:21| Comment(4) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

FAUCHONで玉露。

image/kissako-2006-01-03T08:21:43-1.jpg

今日のランチタイムはFAUCHONへ(*´▽`)ノ

華やかで洗礼されたステキな雰囲気の店内もさることながら、
…んまー、ステキなお値段!

好奇心から、敢えてGYOKUROを頂いてみましたが、…約19ユーロ。
1ユーロ約140円だから…ん〜、ステキ。
フォションだからできるお値段ですね。

ポットでサーブされましたが、茶葉は布巾のような布に入っていて
言わば、簡易ティーバッグ風にお湯に浸かっていました。

酸化していて、日本で言う玉露とは似ても似つかないような
香味でしたが(旨味ゼロです)こちらの方々は、これで東洋
エキゾチックな雰囲気を楽しんだ気分になれると言うことですね。

こういう感覚を理解することも、こちらのサロン・ド・テを知る
上では大切なことなんだなぁ(-_-*)

陶器に描かれたマカロンが可愛かったです。
posted by sayagata at 08:21| Comment(3) | TrackBack(0) | お茶・喫茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。