2006年03月27日

ひじき続編。

先日スーパーで購入した、なぞの食材「お風呂用ひじき」

同僚(フランス人)に「ねぇ、これってお風呂用じゃないよね?」と聞いてみたのですが、
「いや、どうみてもお風呂用でしょ。だってお風呂用って書いてあるよ」とアッサリ言われて
しまい、え(゚д゚*)…もしかして間違っているのは私の方なの?と焦燥感に駆られましたが…

いやいや、やっぱりこれはひじきなハズだから、普通に食べてみようと決意。

ひじきの煮物なんて、実は1回も作ったことがないのですが(;´д`)ゞネットのレシピを
検索しながら、まずはたっぷりの水につけて戻してみました。

今は、ネットでどんなお料理のレシピも検索できるから便利ですね。

hijiki1.jpg

怪しく揺れる、お風呂用ひじき(-_-*)

これ、本当にお風呂に入れたら、浴槽に色は付くし、ひじきの細かい粉が排水に詰まるし、
とてもじゃないけど、掃除できないよなぁ…。やっぱりこれ、お風呂用じゃないよね!と
なんとなく自分を励ますSayagata。

芽ひじきではないので、なんだかかなりしっかりした太いひじきに戻ったのですが(;´д`)ゞ
にんじんと一緒に、ダシ+お醤油+みりん+お砂糖で味付けをして煮込むこと20分。

hijiki2.jpg

大豆や油揚げがなくて、ちょっと物足りないですが、それらしいものが出来上がりました♪

味付けがちょっと濃かったけど、炊きたてごはんと一緒に頂いて、結構幸せ(´▽`*)

なーんだ、やっぱりお風呂用じゃなかったんだ!と、やっとほっとできた瞬間でした。

パリ在住の日本人の方!お風呂用ひじきは食べられますよ!!


ところで、今日26日から、フランスはサマータイムです!(日本との時差7時間)
睡眠時間1時間減っちゃうー(>_<*)

でも、日が長くなってきて、やっと過ごしやすい季節になるのかと思うとウキウキします♪

【ブログランキング】参加中!
お風呂用ひじきに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:47| パリ ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンゴーココナッツミルク。

フランスの新雇用制度(CPE)に反対した学生たちによるデモや暴動が、フランス国内
だけでなく、日本でも随分TVで話題になっているようで、友人たちに心配を掛けて
しまっています(-_-*)ゴメンネ。

確かに、割りと近所で起きてはいるのですが(;´д`)ゞ通勤は徒歩3分だし、買い物も
近所で済むので、こちらは大丈夫です!

怖いのは、騒ぎに乗じて暴徒になっている人たちですね…気をつけよう。


ところで、先日黒米汁粉を作ってから、ココナッツミルク熱が再燃してしまい、週末、
久しぶりにタピオカココナッツミルクを作ってみました。

mangococo.jpg

近所のスーパーでマンゴーが大量入荷されていたので、試しに買ってみたのですが
ひぇー(>_<*)すっぱい!でも果肉は柔らかいから、もうこれ以上甘くならないのかも…
と思い、ついでに加えて、アジアンデザートにしてみました。

ちなみに、ココナッツミルクは豆乳で溶いて、まろやかな感じにしています。
(やたらと泡立っているのは、多分大豆サポニンのせいですね…)

ちょっと(大分)気が早いですが、夏を感じるひと時となりました(*´▽`)♪

ところで、マンゴーってどうやったら甘いのを見極められるんでしょうか。
選ぶポイントをご存知の方がいらしたら、ご教授下さいませ。


【ブログランキング】参加中!
アジアンスイーツに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:21| パリ ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつものおやつ。

15年ぶりにパリに来て、一番?驚いたこと。

それは「お菓子のパッケージが変わってない(゚д゚*)!」ということです。

日本でももちろん、たべっこどうぶつやハッピーターンなんかも長い間デザインが変わって
いない商品が沢山ありますが、こちらは、その変わっていない率がとても高い気がするのです。

むしろ、デザインが変わった!と思うものを見つける方が難しいくらい。

築50年の建物が「新築」の部類に入り、身の回り品もすごく物持ちがいいフランス人に
とっては、なるほど、お菓子もデザインを頻繁に変える必要はないのかも知れません。

gouter2.jpg

デザインがほとんど変わっていないお菓子の代表選手!

フランスで最も大きいお菓子メーカー「LU(リュ)」のPetit ecolier(プティテコリエ)。
日本でもいくらでも買うことができるので今更目新しくないですが、やっぱり美味しい♪

gouter4.jpg

一番気に入っているのは、ヘーゼルナッツ入りのもの。
香りと歯ごたえがたまらなく好きなのです(´▽`*)

パリに来て、一体何箱買っただろうというくらい、本当に飽きない美味しさです。

gouter1.jpg

そして、赤いギンガムでおなじみの「Bonne Maman(ボンヌマモン)」。

お菓子はもちろん、種類の豊富なジャムも日本でよく見かけた気がします。

gouter3.jpg

チョコ+オレンジの組み合わせがかなりツボなSayagataは、このオレンジ風味&
チョコレートの組み合わせがかなり好き(>_<*)


いつかまた老後にフランスに来ることがあっても、このLUやBonne Mamanあたりは
いつまでも同じデザインなんじゃないかな、なんてふと思った昼下がり。

【ブログランキング】参加中!
フランスおやつに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 04:09| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

ココナッツミルクでサバイバル。

先日、Fご夫婦宅にお邪魔した時に頂いた黒米汁粉

もちもち+プチプチ、そして甘さと塩っぽさが相成って、とてもユニークなお味。

一度気に入ってしまうとかなりクセになる感じで、私があまりにも美味しい!と連発した
ため、Fさんが下ごしらえ済みの材料と、上からかけるココナッツミルクをお土産に
持たせて下さいました。

もったいなくて、つい冷凍のまま置いていたのですが、今日は講習会で頑張ったし!
(´▽`*)と、頂くことを決意。

(まぁ、頑張ってなくても、スイーツ食べちゃう訳ですけどね)

お湯で材料を柔らかめにして、甘みを加え、あとはココナッツミルクをかけるだけ…
というところまで来て…びっくりΣ( ̄□ ̄;)

コ、ココナッツミルクの缶詰、プルトップではないではありませんか!!!
(要するに缶きりが必要)


……。


「あぁ、でも大丈夫。うちには缶きりがあったから(*´▽`)=3」

と独り言を言いながら取り出したのが、これ。

sennuki.jpg

Σ( ̄□ ̄;)

し、しまったー!ここ(矢印のところ)なぜか缶きりだと思い込んでた!!

これ、上司Mさんから頂いた、ワインオープナー(しかも何回も使ってる)だ!


しかし、気づいてももう遅い。お米の方は準備済みでアツアツの状態です。

こうなったら仕方ない…と、何とか開栓する方法を探すべく「缶切りがない」「缶きり無し」
などの言葉でネット検索。

すると、ナイフを突き立てて(!)ゴキゴキ開ける方法が載っているではありませんか(゚д゚*)

早速試してみました。

coco.jpg

んぎゃー!お粗末!!
(本当は内側の周囲をグルリと開けたかったのですが…見当違い甚だしい)

失敗した、数々の小さい窪みがかなり痛々しいです。
料理って…サバイバルですね。

まぁ、見栄えはともかく、これでココナッツミルクが掛けられるようになりました。

kuro.jpg

そして、やっとこさ形になった黒米汁粉。

やっぱりとても美味しかった(´▽`*)
5種のお米の内訳がとても気になります。


【ブログランキング】参加中!
黒米汁粉に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 08:22| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスで日本茶講習会!

本日、渡仏して初めての日本茶講習会の機会をいただき、シャンゼリゼ通りにある
パリ日本人会に伺って参りました。

※パリ日本人会:日本人の情報交換だけでなく、図書室や、各種教室などが開催される
パリ在住の日本人に優しい事務所です(´▽`*)


せっかくなので、テーマは「フランス流日本茶の楽しみ方」!

博愛の国・フランスらしく「お茶と恋に落ちて下さい」「お茶の口説き方」という、
ちょっと歯が浮くような内容を盛り込みつつ(;´д`)ゞ「チーズ&玉露」など、国境を
越えたお茶の楽しみ方のお話をさせていただきました。

15名以上の方がお集まり下さったのですが、とにかくみなさん、熱心に聴いて下さる
ことに大感激(゚д゚*)!30分の予定が、なんと2時間にも及んでしまうほど沢山の質問を
投げかけて下さって、お茶への関心の高さを再認識すると共に、講師冥利につきる、
本当充実した時間となりました。


予定していたお茶が全て淹れられなかったのが本当に残念でしたが、それはまたの機会に…。

いらして下さったみなさま、そして、機会を下さったFご夫妻、心から御礼申し上げます。

※久しぶりの講習会で、写真を撮るのを忘れてしまいました(つд`)
posted by sayagata at 07:39| パリ ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | お茶・喫茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

ドイツ的貞子。

全くの余談ですが、うちの事務所に先日ドイツ製のシュレッダーが届きました。
(ヨーロッパのせいか、機械はドイツ製が多い気がします。BRITAとか)

今まで無かったので、やっと来た!と嬉しくなって、早速使おうと鼻息荒くシュレッダーの
前に立ったのですが、投入口のすぐ近くに、なにやら注意表示が。

shured.jpg

ふむふむ…子供がイタズラしたり、宝飾品やネクタイが巻き込まれたりしないように
気をつけなきゃいけないのね、とさりげなく横流しに見ていたら…

ギ、ギャー(゚д゚*)!!

sadako.jpg

さ、貞子!!!

こんなところで出会うとは( ̄□ ̄;)

しかも薄笑い!!!


いや、髪の毛が巻き込まれないように、という注意表示なのは分かるのですが、
シュレッダーの刃より、この表情の方が怖いよ!というお話でした。

おしまい。

【ブログランキング】参加中!
シュレッダーに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:49| パリ 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | パリ小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランス的みのもんた。

帰宅すると、ついついテレビをつけて、ボーッと見てしまうのですが、イマイチ分からない
なりに楽しいのは、やっぱりクイズ番組。

意外と、日本の食材に関する質問が多いことにびっくりします。

「日本の食材・トウフは何からできている?」
「日本のスパイス・ワサビは、何色?」

なーんて、本当にクイズになっていたりしました。

ところで、日本でもお馴染みだった、伊東四郎司会の「ウィーケストリンク」(放送終了)や、
みのもんた司会の「ミリオネア」にはフランス版があり、司会者や回答者を見ているだけで、
国民性の違いが感じられてなかなか楽しいのです(´▽`*)

ウィーケストリンクのルール
ミリオネアのルール

日本のウィーケストリンクでは、退場となった回答者が

「残念でしたけど、楽しかったです(にっこり)」

などとコメントしていたのですが、フランスでは…

「全く納得いかないわ!○○さんの方が退場すべきなのに!」とか、
「あんな簡単な質問に答えられなかったのに、まだ残ってるなんて図々しい!」

なーんて悪態をつく訳です(゚д゚*)ひゃー!強いぞ!

一方、ミリオネアはまず、フランス版みのもんた・Jean-Pierre Foucault※さんが、
正解を言う時に全くジラさないのにびっくり!

※ジャンピエール・フコさん

millions.jpg
フレンチみのもんた氏。

ジャンピエール「dernier mot?(ファイナルアンサー?)」
回答者「……。」
回答者「…dernier mot!(ファイナルアンサー!)」
ジャンピエール「bravo!(正解!)」←即答。

Σ( ̄□ ̄;)

えー、あの正解をジラす時間がミリオネアの売りじゃなかったの!?
なんだかとても調子が狂うんですけど!!

それと、ドロップアウトする回答者がすごく多いのです!

日本は、周りからの視線もあるし「ここは目先のお金を欲しがらず、チャレンジ精神を見せる」
的な感覚で、割と最後までチャレンジされる回答者が多い気がするのですが、フランスでは

「これ以上いやよ。間違えてお金失いたくないもの!」
「○○ユーロで十分だからここで降りるワ」


とのたまって、アッサリ降りてしまう回答者続出。というかほとんど?


どちらがいいとか悪いとか、ということではなく、番組ひとつとってもこんなに国民性が
表れるんだなぁと、驚きながら鑑賞する今日この頃なのでした。

ところで、今日から、↓下の方にパリのお天気が表示されるように設定しました(´▽`*)
今日は霧のようです。(マウスオーバーで天気が文字表示されます)

【ブログランキング】参加中!
クイズ番組万歳!【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:34| パリ 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

冷凍マカロン。

こちらでお馴染みスーパーといえば、「MONOPRIX」や「FRANPRIX」はたまた「ED」や
「CHAMPION」などがあり、うちのお隣はFRANPRIXなのですが、品揃えの良さでつい
やや遠出してまで通ってしまうのが、MONOPRIXです。

お財布のことを考えて、ちょっとお得なPB(プライベートブランド)を買うことが多いの
ですが、MONOPRIXは特にPBが豊富なのが楽しい!

最近のSayagataの一押しは…

bifidus.jpg

Mブランドのビフィズスヨーグルト。

一見普通のヨーグルトですが、まるで生クリームチーズのような美味しさで、これに
ラズベリージャムをかけていただくのが、毎朝の至福な訳です(´▽`*)

bifidus2.jpg

キャー(>_<*)おいしそー♪

ところで、MONOPRIXでは、ちょっと高級なPBを「MONOPRIX GOURMET」として
ラインナップに加えているのですが、その中で、ずっと気になっていたのが、こちら。

monomaca1.jpg

マカロン!しかも冷凍です!
なんだか、美味しさが凝縮されていそうではありませんか!(多分違うけど)

とっても惹かれたので、先日思い切って買ってみました。

早速、自然解凍。

monomaca2.jpg

中身は、ピスタチオ・ラズベリー・カプチーノ・チョコレートです。


周りがあまりカリッとしてなくて、触感の楽しさはちょいと乏しいですが、甘さや香りの
強さなどは、十分美味しい(´▽`*)

LADUREEが特別な日のマカロンなら、こちらは普段使い…という感じでしょうか。


MONOPRIXのPBシリーズはまだまだありますので、またご紹介したいと思います(´▽`*)

【ブログランキング】参加中!
冷凍マカロンに、ぜひ【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 08:27| Comment(6) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

BIOCOOPで日本食。

お天気も良かったので、美容室の帰りに、散歩がてら、上司M氏の奥さんオススメの
オーガニック専門スーパー「BIOCOOP」に行って来ました。

※BIO=オーガニック、無農薬、有機栽培などの総称。

biocoop1.jpg

玄米が買えるよ、と聞いていたので、それが目当てだったのですが、入ってみたら
ものすごい品揃え(゚д゚*)!こんなに広い店内だったのか!

野菜や果物、製菓材料など、色々と目移りしながら店内をさまよったのですが、
意外にも、日本の食材が充実していることに大感激(>_<*)

biosoba.jpg

蕎麦。しかも、蕎麦粉の割合別に数種類あり、そうめんもありました。
これは、蕎麦粉100%のもの。

ところでこのLIMAというメーカー、色んなアジア食材を販売しているようです。

LIMAサイト

オーガニックにこだわる、至って真面目なこのメーカーの商品ラベルには必ず、上の写真
の「そば汁を啜る」のような、若干、場違いな印象の日本語が添えられるのがお約束で、
同ブランドの日本茶には

「無茶の無は、無限の無」

と書かれていたのを見た時には「ぐふっ=3」と噴出してしまいました。

…え?本当に無限の無、なんですか?

biomiso.jpg

お、お味噌!しかも大豆好きに嬉しい八丁味噌ではありませんか!まさかフランスの
スーパーで買えるとは思わなかったなぁ。

日本人の来客が多いということか、フランス人の方も頂くのか。

ついつい、ヤスシやソム(前の会社の上司&部下)、お客さん達とよく行った、「幻の手羽先・
世界のやまちゃん」の串かつが思い出されました(つд`)

bioiziki.jpg

そして、一番驚いたのが、↑こちらです。「IZIKI」。

こ、これはひじきじゃないのー(゚д゚*)!

こちらは「H」が発音されないので「HIZIKI」が「IZIKI」になってしまったのでしょうか。

100g1000円以上という激的な高さですが、何しろ、ひじきの煮物は大好きだし、
鉄分不足も気になっていたところだったので、奮発して購入…

……。

…と思ったのですが、よく見たら、この商品名の下に「algue a l`usage du bain」と
書かれているではありませんか!

これを、私の単語力で訳すと「algue=海藻、usage=使用・用途、bain=お風呂」、
つまり…

「お風呂用海藻」 Σ( ̄□ ̄;)

となる訳で、ももも、もしかして、これ、食べられるひじきじゃないの?入浴剤としての
ひじきなの?と、かなり動揺し、売り場で相当悩んだのですが、これはきっと、調理時に
「たっぷりのお湯に浸す」とかそういう意味に違いないと自分を納得させて購入を決意
したのでした。

(しかもレシートには、追い討ちをかけるように「IZIKI pour le bain」=お風呂用
ひじき、と明記されているのです)

本当に入浴用だった時は、またネタにしたいと思います。(ブロガー魂)

その他、お米などを買って、お店を後にしました。

店員さんもものすごい感じがいい!←これはかなり貴重。
すっかりBIOCOOPファンになってしまいました。


【値段メモ】1ユーロ140円換算

蕎麦250g:5.20ユーロ(約728円)
味噌400g:5.57ユーロ(約780円)
ひじき100g:7.99ユーロ(約1,119円)
イタリア米1kg:2.19ユーロ(約307円)

【ブログランキング】参加中!
入浴用ひじきに、ぜひ【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 02:14| Comment(10) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮世ゆたか。

日本で溺愛(?)していた、原宿の美容室「Atelier Rice color」。

本当にナイスな美容師さんたちと、別れを惜しみつつ、渡仏前の最後のカットして
頂いたのが去年の11月。

…さすがに、もう髪がボサボサになってきました(-_-*)


どうせなら、フランスの美容室で斬新な髪型に…とも考えましたが

1、希望する髪形をフランス語で伝えられる自信がまだない(つд`)

2、Sayagataは毛がとても多い上に、

3、日本人でも手を焼く“超ウルトラスーパー直毛”(剛毛?)である。
(髪が顔に刺さったこともあるのです!)

という理由から、日本人の方がいる美容室に行こうと決意。

…別に箇条書きにしなくても良かったんですケド(;´д`)ゞ


調べてみると、そういうお店は結構あるんですね!
パリ市内で5〜6軒ありました。

その中で、選んだのがこちら。

ukiyo.jpg

エッフェル塔のすぐ近くにある「浮世ゆたか」。

「軽くて、キチンと見えて、和服にも合う髪型にして下さい!」とお願いしたのは、
おしゃれなメガネをさりげなく着けこなし、決して力まずにサササッと丁寧な仕事を
こなされるマダム。

ほっそりとしていらっしゃるけれど、揺ぎ無い自信が感じられ、とても安心感を
与えて下さる方でした。

知人に「ゆたかさんっていう有名な方がいるお店だよ」と聞いていたので、この方が
きっとゆたかさんなんだと思います。(違ったらスイマセン、ごめんなさい)

仕上がった髪型は、ずばりおかっぱ(´▽`*)!

なるほど、和服にも合いそうだし、しかも絶妙なカットで毛先が重くありません。
とても軽やかな感じになり、体重も軽くなった気がしました。(勘違い)

わずかな時間でしたが、カットの合間の会話も楽しかった♪

パリで活躍される日本人に、また励まされた一日となりました。


BEAUTY SALON EIFFEL 浮世ゆたか

72 avenue la Bourdonnais 75007 Paris
Tel:01 45 51 34 87
9:30〜18:30 (日曜定休)

【ブログランキング】参加中!
おかっぱ頑張れ!な方、ぜひ【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

サンクルー公園でお散歩。

先日、とある晴れた日曜の朝、画家のF夫妻から散歩にお誘いいただき、パリ郊外の
「サンクルー公園」に行って参りました。

パリにいらしたことがある方の多くはご存知だと思いますが、フランス人にとって、
週末、特に日曜日=家族と過ごす日。

こんな観光大国なのに、ほとんどのお店がお休みになってしまうのです(゚д゚*)!

この事実を知らなかった頃、「あ、飲み物ないけど日曜日にスーパーで買えばいいや」
なーんて気楽に考えて、結局どこも開いていないことに愕然としながら、水道水を
飲むハメになったこともあるくらい…(つд`)

一方、週末をのんびり過ごすのに最適な公園などは、日曜日も沢山の家族やカップルが
集まるんですね。

sancru1.jpg

「集まるんですね」と言った矢先に、誰も写っていない写真で説得力ありませんが、
とっても広い、サンクルー公園。

早めの時間だったせいか人が少なく、どこかのお城の庭に迷い込んだような感じです。

↓クリックで拡大して下さい(´▽`*)

sancru2.jpgsancru3.jpg
sancru4.jpgsancru6.jpg

雲ひとつ無い晴天に、ひんやりと澄んだ空気、かすかに春の息吹を感じる木々。
なんだか沢山深呼吸をしたくなり、むやみに酸素を吸いまくりました=3

体の中の空気が総入れ替えされるようで、本当に気持ちよかった!

sancru5.jpg

(まだ、水面が凍っていました)

Fさんや、多くの画家の方が、こちらで創作のインスピレーションを得て、ステキな絵を
描かれるのだということに、素人ながら納得してしまいました。

2時間近くのんびり歩いた後、サンクルー内にあるテラスカフェで喫茶。

↓逆光ですみません。

sancafe1.jpg

お茶ばかりで、コーヒーを全然知らない私でも、こんな雰囲気でいただくカフェは
(日本で言うエスプレッソ)しみじみ美味しいなぁ、と思ってしまいます。

sancafe2.jpg

このカップ&ソーサ、可愛すぎ(>_<*)

とても晴れやかな気分で公園を後にし、これから春になったら、パリの公園めぐりでも
してみようかな、という気持ちになったSayagataでした。


【ブログランキング】参加中!
サンクルー公園にぜひ【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

カステラと黒米汁粉。

先日家族が来仏した際、母が久しぶりに、パリ在住の友人夫婦(日本人)との再会を
果たしました(´▽`*)もともと家族ぐるみで交友があった、旦那様が画家でいらっしゃる、
すごく気さくで、何より、とても明るいご夫婦です。

この再会がきっかけで「Sちゃん、パリにいるなら、ぜひうちに遊びにいらっしゃいよ!」と
先日、ご自宅にお招きいただき、花束抱えてご訪問。

色彩あふれる沢山の絵の中で、美味しい和食をいただきました。
(何食べたい?と聞かれて、和食!と即答した私…勝手言ってスミマセン)

煮魚やおでん、本当にどのお料理もいちいち感激してしまう美味しさだったのですが、
特にしびれたのがデザート。

奥様が、甘いもの好きと言った私のために用意して下さったもの。

kasutera.jpg

こだわりのカステラ。

シンプルな見た目にだまされてはいけません(>_<*)

あらゆるレシピを試されたり、カステラ職人のビデオを見たり、大量の卵を使用したりして、
50回以上試作を重ねて出来上がったものだそうで、なんかもう、そのお話を伺っただけでも
「カステラ様様」な威厳です。

しかも、まだまだ改善意欲がお有りになるから驚き!

そして、パクッといただいて、これまた感激(゚д゚*)!!

すごく軽いのに、舌触りはしっとりなめらか。程よい弾力もあってとても美味しいのです。
これは、ずっと飽きないお味だなぁ。しかも後に引く!


しかし、さらに驚いたのがこちら。

kuromai.jpg

ベトナム風デザート、とでも言うのでしょうか。

実はこれ、小豆じゃないんです。

黒米などの有色米を5種類ブレンドして、炊き上げたものをお湯で溶き、柔らかくた上で
甘みを加えて、ココナッツミルクで仕上げたもの。

穀物の香りと、このもちもち感と、ココナッツミルクのハーモニー。

こ、これはかなり危険なおいしさです。
今度、詳しくレシピをお伺いしようと思います。


Fご夫妻、本当にごちそうさまでした!
とても楽しい時間でした。

【ブログランキング】参加中!
カステラ!黒米!にぜひ【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:33| Comment(6) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

ごはん一杯の代償。

先日のフィギュア荒川さん金メダルおめでとう!のエントリーで、仏人レポーターが

「今晩彼女は、とてもいいボウル(お茶碗?)入りのごはんが食べられるネ!」
(Elle merite de mange un bon bol du riz ce soir!)

と発言した、という話を書きましたが、実はその後、この発言が問題になり、謝罪騒ぎに
なっていたようです。

荒川演技に不適切コメント 仏テレビが謝罪文 中国新聞

荒川の演技「1杯のご飯程度」 仏公共テレビが謝罪 朝日新聞

…(゚д゚*)!ごはん一杯程度、とまでは言ってない気がするケド。


軽いジョークで別に悪気は無かったんでしょうし、日本人も軽く流していたと思うのですが、
捕らえ方によって、ここまで違うのか…。


他人事ではないなと、身につまされた今日この頃(-_-*)
posted by sayagata at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

筆跡。

国が変われば、筆跡も変わるもの。

フランスはもちろんアルファベットですので、解読に大きな支障はありませんが、
日本人が中学で習う筆記体とはちょっと違うため、時々戸惑うこともあります。


例えば大文字の「M」は、上の窪み部分“V”がなくなり、「П」のような感じだったり、
「T」の上の部分が、すごく斜めだったり。


ところで、一番違いを感じるのは、個人的には数字だったりします。

「7」に斜めの線が入ることはご存知の方も多いかと思いますが、例えば「69」。

chiffre1.jpg

これは、うちのアパルトマンの家主さんの筆跡。
「9」なんて、どんだけ助走しているんだ!というくらい、クルンクルンですよ。

chiffre3.jpg

この「1」は普通ですが、「∧」みたいな数字を書かれる方が少なくありません。
「3」に至っては、すでに「る」と化しています(;´д`)ゞ

chiffre2.jpg

パッと見「M与o1与」。

これが「75015」だと分かるには、ちょっと慣れが必要ですよね。
「5」が「与」みたいですもんね。

でも、なんだか可愛らしく、どこかアーティスティックな筆跡だと思いました。


そういう小さな違いを楽しみつつ、日々を過ごすSayagataです。


【ブログランキング】参加中!
フランスの筆記体に、ぜひ【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 08:05| Comment(4) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

三波春夫的。

昔パリに住んでいたとは言え、15年ぶりの私のフランス語はまだまだ未熟。

変なフランス語を連発して、同僚のフランス人の失笑を買うのには慣れましたが、
赤の他人にも「?」という顔をされることも少なくない訳です(-_-*)


ある日の朝、出勤のためにアパートから出る時、エレベーターを待つ時間が惜しくて
ボタンを押してから部屋の鍵を閉めかけました。ところが、たまたますぐにエレベーター
が来てしまい、しかも中には、別の階の女性が乗っているではありませんか。

シマッタ(*゚д゚)!

まだ鍵を閉め終えてなかったので(2つあるのです…)、「ど、どうぞ先に行って下さい!
(←もちろんフランス語)」と手をブンブン振ったのに「いいわよ、待ってるから。
あせらず鍵閉めて(^-^*)」と、その、とっても可愛らしい女性が笑顔言ってくれたので、
恥ずかしいなぁ…と思いながらイソイソと鍵をしめ、エレベーターに乗り込むSayagata。

「今日は雨降るみたいよ」なんて、エレベーターの中でも気さくに話しかけてくれて
「そうなんですか?傘持ってこなかった…」「私もよ」なんて束の間の会話を楽しんだ後、
1階(フランスでは0階)で降り、フランス人の別れる際のお決まりのセリフ、

「Bonne journee!(ボンヌ・ジョルネ!よい一日を!)」

と彼女が言ってくれたので、ここはスマートに

「Bonne journee a vous aussi!(あなたもよい一日を!)」

と言い返すつもりが、先ほどの緊張の余韻があったせいか、なぜか

Bonne journee a tous!」(みなさん、よい一日を!)

と言ってしまったのです。


ぎゃーΣ( ̄□ ̄;)!!!

二人しかいないのに、何言ってるんだ私!!!
こ、これじゃ三波春夫さんの「世界の国からこんにちは」みたいではありませんか!

相手の女性もキョトン顔。

仕方なく、何事もなかったようにその場を後にしましたが、その話を同僚にしてまた失笑を
買ってしまう私。しばらくはその女性に会わないことを祈るばかりです(-_-*)
posted by sayagata at 09:23| Comment(14) | TrackBack(0) | パリ小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シンプルクレープ。

季節感を大切に…と、母にしっかり教えられて育ってきたはずなのに、拙ブログを
振り返ってみたら、全く季節感がないではありませんか(゚д゚*)

こりゃいかん、と今更ですが、2月28日のマルディ・グラについて少し触れたいと
思います。(うわ、もう10日以上経ってる…すいません、ごめんなさい)

Wikipedia:マルディ・グラ

キリスト教の宗教的な背景は私も詳しく分からないので、インターネットにお任せ
しますが(オイ)、パリではこの日、子供たちが仮装して町を歩いたり、イースター
までの47日間を質素に過ごすために、たっぷりと揚げ物を楽しむんだとか。
(ちなみに、私は仮装した子供に一人も会わなかった訳ですが…)

ところで最近は、この日になぜかクレープを食べるのが習慣になっているそうです。

それなら、私もクレープ食べた方がいいんじゃないの?と勝手な理屈をくっつけて、
密かに買ってあったTIFALのクレープパンを取り出しました。

pan.jpg

人生で初めてのクレープパン(´▽`*)

フランスは、普通のクレープだけでなく、そば粉を使ったクレープ「ガレット」も
身近な家庭料理。小さなスーパーにも、ちゃんとクレープパンが売られたりしていて
ちょっと驚きます。

せっかくなので、パリ滞在中に色々バリエーション覚えたいなぁ。


さて、使用する小麦粉は、以前マルシェで購入したオーガニックのもの。

farine.jpg

日本のように、薄力粉・強力粉、と分かれている訳ではなく、精製度の違いで数種類
に分類されているようです。お菓子作り好きなのに、全然知らなかった…。

お菓子作りにオススメなの下さい、と言って選んでもらったのが「80 BISE」というタイプ。
このメーカーの独自のネーミングなのか、一般的なのかは不明。

ちなみに、袋の左に見える「AB」というマークが、フランスでのオーガニックマークです。

farine1.jpg

黒いツブツブが残っていて、香りも、少し生々しいくらい麦っぽいです。

卵と牛乳を混ぜて、最後にビールを加えて、生地を寝かせて…。
ビールを入れるのは、口当たりを軽くするためだとか。

crepe.jpg

電気で調理するので焼き上がりの色はムラだらけでしたが、薄く焼けたので満足。

さっそくいただきます(´▽`*)♪

肝心なトッピングをどうするか…とても悩んだのですが、先日マレ地区におでかけした際に
いただいたクレープの「バター+お砂糖+レモン」という組み合わせが、それはもう、強烈
に美味しかったので、今回もそのパターンで楽しむことにしました。

クレープが熱いうちにバターを軽く溶かし、そこにお砂糖をまぶして、レモンをキュッと
絞るだけ。

レモンで味がしまって、シンプルなのにとても美味しい!
クレープ作るご予定のある方は、ぜひお試し下さい。


…あれ?
結局クレープネタで、あんまり季節感が出せていないですね(-_-*)

【ブログランキング】参加中!
クレープ万歳!な方、ぜひ【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 08:52| Comment(9) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サツマイモ!

更新がすっかり遅くなってしまって、ごめんなさい(つд`)


さて、お休み中に、また新たなお野菜に出会いました。さつまいもです。

何となくアジア圏の野菜というイメージがあったので、最近開拓した八百屋さんで
デーンと並んでいるさつまいも達を見つけた時は、その、どこか所帯じみた姿に、
大きな安堵を覚えました。

産地を見るのを忘れてしまったのですが、"patate douce"(パタトゥ・ドゥース)
という名前がしっかりあるところを見ると、意外に身近な野菜なのかも知れません。
※すみません、さっきpatateのスペル間違ってました。


時期はずれだけど、早速今晩のお味噌汁に…と1つ買ってみて、帰宅後、調理に
取り掛かって…びっくり。

satsuma.jpg

わわわ…、切り口がオレンジ色だ(゚д゚*)!

懐かしい姿にすっかり油断しましたが、そういえば、フランス野菜は何が起こるか
分からないのでした(;´д`)ゞ紫芋を生まれて始めてみた時くらいの衝撃。

なんかもう、完全に、にんじんの色です。

予定通りお味噌汁に入れてみましたが、なかなかホッコリ柔らかくならず、
しかも、アクがよく出ること!

先入観に囚われているのか、お味も香りも、もはやにんじんにしか感じられません。
歯ざわりが、にんじんより柔らかいという感じでしょうか。

もしかしたら、とてもベータカロテンが豊富なさつまいもなのかも知れません。

何しろ、石焼きにしていただく感じではない印象を受けたので、フランスの方は
どうやって楽しんでいるのか、気になるところです。

【ブログランキング】参加中!
さつまいも大好き!な方、ぜひ【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

一休み。

先週末から今日まで、両親と弟が遊びに来てくれたり、
お仕事が踏張り時だったりして、更新が滞ってしまい
ごめんなさい。

ちょっとだけ疲れが出ているようなので、また2〜3日
更新が遅れますが、どうか許して下さい(-_-*)

復活して、また小ネタ更新します!
posted by sayagata at 05:45| Comment(4) | TrackBack(1) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。