2006年06月28日

ボルドー5泊。

祝!サッカー、フランス勝利!

今、真夜中ですが、町中が大騒ぎで、そこら中で国歌やら、雄叫びやら、クラクション
やらが鳴り響いております。

寝られるかなぁ…(-_-*)


さて、明日から、イベント出展のため、ボルドーに行って参ります(*´▽`)ノ

連日夜中までお仕事(しかも、頑張って着物の予定)なのですが、少しくらいワイン
を頂けるかな。

…その前に、帯、上手にできるかな。


4日頃まで、エントリーとお返事が遅れますが、ご了承下さい。

それまで、最近勢いよく更新した記事を読んで頂けると嬉しいです。

ゲイ・プライド!
黒トマトとお料理。
釜炒り 藤かおり。
パリの紫陽花。
パリで白餡作り。

ひとまず、フランスがサッカー勝って、明日同僚が機嫌がいいであろうことにホッと
しているSayagataでした。
(試合直後、同僚本人から「オレ、明日機嫌いいから」と連絡がありました…)

【ブログランキング】参加中!
頑張れ!の【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:41| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近の流行モノ。

先ほどのパスタでもたっぷり使用した、レモン果汁。

以前「バター&砂糖&レモン果汁」というシンプルなクレープのあまりの美味しさに
おののいて以来、やたらとレモン果汁にハマっています。

なんでもかんでも、やたらとレモン果汁。
そんな個人的ブームの中、見つけたのがこれ。

citron1.jpg

ボトル入りのレモン果汁です。

オーガニックな上に、添加物もなし。しかもこれ1本でレモン約10個分の果汁!
なんて手軽なんだ(゚д゚*)!

喜び勇んで購入し、説明を拝読。

citron2.jpg

なるほど、こうやってスプレーして使うのネ。

早速、よ〜く振ってから試してみると…

citron3.jpg

「じじ、じゅるるるる…」


Σ(゚д゚ノ)ノ

ななな、なにこれ!プシューッと広がるスプレーじゃないの?!


何回も振ったり、押したりしてみるのですが、結果は

citron4.jpg

「じじ、じゅるるるる…」(2回目)

説明書きを何度も読み返しましたが、どうも間違ってはいない様子。
さすがフラ●ス製。結局のところ、よく分かりません(つд`)

それでも、とても重宝しているレモン果汁なのでした。

【ブログランキング】参加中!
だれだれのレモン果汁に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:23| パリ ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 自炊がんばる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

珍しい(かも知れない)パスタ・その1。

先月、お茶の関係でイタリアに行って参りました。

ベタだけど、イタリアに行ったらパスタ食べなきゃ(*´▽`)と鼻息荒くローマに上陸
したのですが、残念ながら、滞在中に美味しいパスタには出会えず。

せめて、パリでは見かけないようなパスタでも買って帰ろう、と2種類のパスタを
購入しました。

その1つがこちら。

pasta1.jpg

なんだかゴツいけれど、ヒラヒラがかわいいパスタ♪

かなり独特の形をしています。
実はUの字型になっていて、とっても長い!

pasta2.jpg

太さもかなりのもの。

きっとこのパスタにあったソースや料理ありきで、この形なのだと思うのですが
何分、パスタ素人なので、自己流で調理。

(どなたか、このパスタのことをご存知でしたらご教授下さい)

pasta3.jpg

茹でると、驚くような透明感。ヒラヒラがまるでレースのようになります。

今回は、至ってシンプルな、サーモンのレモンクリームパスタ。

明日から出張で残飯整理をしてしまったので、緑の野菜が無く、代わりに、少し香りが
飛んでしまっている緑茶を使用しました。

パスタの茹で汁で少しお茶を柔らかくしてから投入します。

緑茶で、魚の臭みも抑えられるし、かすかな渋みが後味をキュッと締めてくれる、
さらに緑茶の栄養素も摂れるので◎

このパスタの特徴か、とても柔らかいお味に仕上がりました。

その2は、もう少し先でご紹介します(´▽`*)

【ブログランキング】参加中!
ひらひらパスタに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:03| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自炊がんばる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

パリで白餡作り。

前回、フランス産小豆であんこ作りをしてから少し間が空いてしまいましたが、
改めて、今度は白餡を作ってみようと思います(´▽`*)

あ、その前に、去年日本でチャレンジした白餡作りの記事も、よかったらチラッと
読んで下さいネ。

白餡を(少しだけ)極める。その1。
白餡を(少しだけ)極める。その2。
白餡を(少しだけ)極める。その3。

我ながら、時間に余裕があったんだなぁ(*ノд`)

さて。

フランスで身近な素材を使った和菓子を作ることが目標なので、原料はスーパー
でも手に入りやすいフランス産。

今回選んだのは、BIOCOOPのオーガニック白いんげんです。

shiro1.jpg

日本の手亡と、サイズや色調はとても似た感じ。

ただし!

shiro2.jpg

たまたまこの商品がそうなのか、1袋に入っている白いんげんのサイズがバラバラ!

こ、これは煮る加減が大変そうだ(>_<*)

煮え方にムラができないよう、サイズ別に仕分けするのが理想的なのですが、
手軽に作るためにも敢えてこのままで。

shiro3.jpg

豆の総量250g。

ゆすいでから1晩、お水に浸けた状態。
ぷっくりと一回り大きくなりました。

では、早速茹でてみます。

shiro4.jpg

相変わらず灰汁がよく出るのですが、しばらくしたら落ち着きました。
(小豆の時は本当に止め処なく灰汁が出て驚いた!)

写真は、指でつぶせるくらい煮た状態。ほわほわ〜(´▽`*)

お味見してみたところ、思っていたほど渋みもなくマイルドな味だったので、
渋切りもせず(白餡は普通しないか)、早速漉して、水晒し。

shiro5.jpg

いえいえ、バニラアイスではございませんよ。
いきなり間が飛びますが、呉を水切りして生餡の状態。220gでした。

黄色っぽいのは光の具合で(;´д`)ゞ実際は、思っていた以上に美白!

shiro6.jpg

生餡の半分の量のお砂糖と合わせて練り上げて、白餡の出来上がりです。

わ、これは美味しい!

雑味もなく、主張しすぎないところも、日本の白餡と遜色ありません!
小豆は難しいけど、これなら和菓子の素材として使えそうです(´▽`*)よかった♪

でも、反省点もあるのです。それは歩留まり。
茹で時間をもう少し長くすれば呉の量も増えたかな。次回への課題です。

この白餡でどんな和菓子を作るのか、お楽しみに♪

ところで、この白いんげんが入っていたパッケージ、こんなお姉さんの絵が!

shiro7.jpg

食品なのに、目つき、怖ッ!

一瞬、買うの躊躇ってしまったではありませんか。


【ブログランキング】参加中!
フランス白餡に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 04:58| パリ ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | パリで和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリの紫陽花。

最近、色んなブロガーさんのところで日本の紫陽花の写真を見かけます。
澄んだ青色の紫陽花を見るだけで、雨の後の土の匂いが感じられそう(´▽`*)

梅雨だなぁ。

ところで、パリで全然紫陽花を見かけない気がして「もしや、フランスには存在しない
のだろうか(゚д゚;)」と、町を散策してみました。

ajisai1.jpg

あ!あった!あじさい!

というか

ものすごい近所の公園にあった!

「パリで紫陽花を見かけません」と堂々とコメントを残してしまったブログ先のみなさま、
すみません、ごめんなさい。パリに紫陽花は普通に存在していました。

ajisai2.jpg ajisai3.jpg
ajisai4.jpg ajisai5.jpg

色んなお花屋さんも回ってみて感じたのですが、パリの紫陽花は、ピンク色が
とても多いです。

…ということは、土のアルカリ性が高い、ということですね。

なんでだろう。

そして樹の高さですが、大人が立った目線くらい高いか、小さな鉢植えサイズの
小さいもの、とかなり両極端。

日本で見る紫陽花=ちょうど腰くらいの高さ、とはちょっと違うのだということに
気づきました。気のせい?もしくは言い訳?

個人的に、少し寂しいくらいの淡い青紫の紫陽花が好きなので、ちょっとだけ
物足りないかな(-_-*)

ちなみに、私が一番好きな紫陽花は何と言ってもこちらです(´▽`*)
この写真からほぼ1年が経っているなんて、驚きです。

【ブログランキング】参加中!
パリ紫陽花に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 03:50| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

釜炒り 藤かおり

美味しいフランス料理の後は、美味しい日本茶で締めくくり。

実は、渡仏前に購入していたのにまだ開封していないお茶があったので、早速
そのお茶を淹れてみることに。

fuji1.jpg

すぐ目に飛び込んでくる、どピンク!

釜炒りであることと、日本茶が入っているとは思えないような斬新なパッケージに
惹かれて購入した、うおがし銘茶「茶・銀座」の“藤かおり”。

藤かおりは、やぶきた(日本茶で最も浸透した品種)と紅茶の品種を掛け合わせた
品種茶で、とても希少価値が高いのだそう。

fuji2.jpg

玉緑茶特有のくるっとした形状。
深い緑色に、少しだけ灰色がかっています。

開封しただけで、釜炒りらしい、厚みのある香りが鼻をくすぐります(´▽`*)

水色(すいしょく)は、淡い橙色。

↓すみません、たっぷり飲みたくてカフェオレボウル(緑色)に注いでしまい、水色
が全然見えませんね。

fuji3.jpg

…(゚д゚*)!

お、おいしい!

口にふくむ瞬間からまるで葡萄のような芳香が漂って、かすかな渋みが、ふんわり
とした甘みをさらに助長。

ふくよかな釜香の余韻がいつまでも続きます。

これは、酔えるお茶だなぁ(´▽`*)
(お茶によって、時々アルコールを飲んだ時のように顔が赤くなったり、頭がボーッと
するような症状が起きることがあるのです)

藤かおりや、前のブログで少しご紹介した香駿(こうしゅん)などの品種茶は
これからの日本茶発展に大きく貢献していく存在だと思います。

まだまだ生産量も少ないですが、生産者の方を応援する意味でも、フランスで
こんな美味しいお茶を紹介できる日が来たらいいなぁ、とふと思う食後の一杯でした。

【ブログランキング】参加中!
品種茶に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 02:23| パリ ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | お茶・喫茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

黒トマトとお料理。

ゲイ・プライドの前に、tomocoさんとマルシェでお買い物しました(´▽`*)

tomoco1.jpg

行ったのは、毎度お馴染み、バティニョルのマルシェ。
買い物中、クレープにちょいとお呼ばれしました。いい香り♪

tomoco2.jpg

一番カロリーが高いであろう、ただし一番美味しい「バターと砂糖」のクレープ。
今回はガレット(そば粉クレープ)でいただきました。もっちりです。


色々と野菜+お肉を買い込み、一旦Sayagata宅で野菜をチルド。
ゲイ・プライドを見終わって帰宅後、二人で調理大会です。

さて、今回マルシェで発見したもの!

tomoco3.jpg

痛んだトマト…ではなく、これぞ「黒トマト」(゚д゚*)!
実物を見るのは初めてでした。わぁ、本当に黒っぽい!

tomoco4.jpg

ツヤがあって、なんだか重厚感。

原種にとても近く、栄養価が高いそうです。
せっかくなので、何も手を加えず、そのまま頂いてみることに。

中はどんなだろうとカットしてみると…

tomoco5.jpg

同じように、黒っぽい緑色。

ネットで調べた限り、非常に甘い!というウワサだったのですが、うむむ(-_-*)
至って普通の、むしろ甘みが少ないくらいのトマト。

でも、すごく実が詰まっていて、酸味や香りのバランスが程よい感じ。
見た目とは逆に、ソフトな口当たりでした。

さて、メインの料理は、黒トマトと一緒に購入した、小たまねぎや新じゃが、カブ、
そして豚肉を使った「豚肉と白いんげん豆の煮込み」。

tomoco6.jpg
(白いんげんは、和菓子用に購入したものの残りを使用しました)

大森由紀子さんのレシピで作った、フランスの家庭料理です。
ワインで煮込みました。野菜が甘くて美味しかった〜(´▽`*)

tomoco7.jpg

デザートは、これまたマルシェで購入した旬のメロン!
オレンジ色が鮮やかです(>_<*)

鮮度の高い自然の恵みをおなかいっぱい頂いて幸せ♪
ごちそうさまでした。

tomoちゃん、ありがとう(´▽`*)

【ブログランキング】参加中!
黒トマトに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 23:54| パリ ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲイ・プライド!

フランスで毎年6月下旬に行われる、同性愛者の行進「ゲイ・プライド」。

NYで始まったイベントで、ゲイ(を含む同性愛者)であることに誇りを持とう!と権利と
名声を声高らかに主張しながら、町を闊歩するのが趣旨で、フランスでも30年近い
歴史があるそうです。

参加するのは、フランス国内に50以上と言われる同性愛者団体と、同性愛者。

これは ブロガーのネタ的に 外せない、とBonne chance en France
tomocoさんと一緒に、観に行って参りました(´▽`*)

(パリでお菓子の勉強をされているtomocoさんとは偶然、共通の友人がいたことが
きっかけでお友達になったのです。とても可憐な感じの可愛い女性です)

パレードは13時半にモンパルナスからスタート。
約4時間掛けて、バスチーユへうねり歩いて行きます。

途中のあたりを見よう、と「cluny la sorbonne」駅で下車したところ、出てすぐの
ところにこんなゲイの方が!

gay1.jpg

ひゃー(゚д゚*)

スタイルいい!
(ヒール抜きにしても)背高い!(写真だと分かりにくいですが)超かわいい!

ピンクの付けまつげがくりんくりんです。

写真を撮らせてもらってもいいですか、と話しかけたところ「いいわよ〜」と余裕の
ポーズ。「靴も頭も重いから、私は途中からパレードに参加するの」と、言っている
ことはちょっとマヌケなのに、かなりステキな笑顔です。

いきなりこんな存在感抜群のゲイさんにお会いできるなんて、これはものすごい
パレードなのかも知れない。

同性愛者に嫌悪がない方だけ続きをどうぞ。
posted by sayagata at 08:12| パリ ☁| Comment(29) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

サムライブルーブルー。

maki.jpg
(↑フランスのサッカーサイトから勝手に拝借してしまいました)

結果は残念でしたが、ブラジル相手に先制ゴールも決められたし、にわかファンに
なった巻の勇姿も見られたし(写真はさんまさんみたいだけど)、同じ異国で頑張る
日本人の姿を見られたのは、とても嬉しかったです。


Bien joue! Les samourais!


ところで、負けた途端、同僚から「自殺するなよ…」と連絡がありました。


今度はフランス応援しなくては(;´▽`)ノ
posted by sayagata at 06:41| パリ ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

丈夫な靴で、良い曲を。

フランスに来て6ヶ月。
この半年で、壊し続けたものがあります。

それは、「靴」。

持参した5足のうち4足が、ヒールが磨り減ってなくなる、靴底がめくれるなどの
トラブルに見舞われ、結局履けなくなりました。

日本にいた頃から、割とよく靴を破壊する方でしたが(→前のブログでの証拠記事
6ヶ月で4足は、かなりやばい気がします。

(銀ブラ中にブーツの底がベロッと剥がれた時は恥ずかしかったな…)

私の歩き方の問題か、はたまた、フランスの道路や石畳が原因か。
恐らく両者ですね。


いずれにしても、もう靴が1足しかないのです(つд`)


いつ最後の靴がなくなるかとドキドキする事にも疲れたので、夏のセール前ですが
やむを得ん(-_-*)と今日フランスに来て初めての靴を購入しました。

kutsu.jpg

↑お仕事用(ヒールは低めです)と

↓プライベートのペタペタ靴。

kutsu1.jpg

わざわざブログに書くほどのネタではないのですが、フランスで初めて買った靴
ということで、いずれ読み返した時のためにも記念に(?)載せておきます。

2軒はしごして購入しました(;´д`)ゞ

店員のお姉さんに「この半年で靴4足壊れちゃったんです。アハハ」と笑いながら
言ったら「え(゚д゚*)!な、なんで?日本製の靴ってそんなに弱いの?」と真顔で
言われてしまって、オトシどころ見つからず。

再発防止のために、私が理由を知りたいくらいです(つд`)

フランスの靴はフランスで長持ちするかな。
壊れたら、ネタゲット またこちらでご報告致します。

ところで、今日6月21日は、フランスでは「夏の初日」で“音楽祭りの日”です。

とにかくみんなが音楽に陶酔する日だそうで、各地で大規模な音楽祭が行われて
いるようです。

靴屋さんを出る時も、普段は「Bonne soiree!(良い夜を)」と声を掛けられる
ところですが、今日に限っては「Bonne fete de musique!(良い音楽祭りを!)」
と言われてびっくり。

コンサートに行く予定もないので、テレビでライブの中継を見る夜でした。

【ブログランキング】参加中!
丈夫な靴に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:30| パリ ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

へっぴり腰マーク。

ある日、出張の帰りでものすごく重い荷物を引きずりながら、フラフラで帰路を
歩いていた時、こんな道路標識を見つけました。

chari2.jpg

えぇ(゚д゚*)!な、なにこの…

へっぴり腰!

「だっちゅーの」もしくは、ゴルゴの「命!」をちょっと斜めから見たような。


思わず足を止め、もう一度よく見てみると…

chari1.jpg

自転車用マークかいな!!

一人でびっくりして、一人で標識にツッこむ私。

言われてみたらごく普通〜に自転車と分かるのですが、疲れていて、ちょっと
視野が狭くなっていたようです(;´д`)ゞ

それにしても、車輪ちょっと離れすぎ。(負け惜しみ)

以来、私の中では「へっぴり腰マーク」と命名された標識です。

【ブログランキング】参加中!
へっぴり腰に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 03:52| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

パリの桃まんじゅう?

土曜日、おされなマレ地区を散策したのですが、通りがかった青果市場でびっくり
する果物を発見し、思わず足を止めました。

peche1.jpg

桃…なのですが、なんだか…確実に、平べったいゾ(σ゚д゚)σ!

最初は、たまたまひとつだけそういう形なのかと思ったら、いえいえ、そこに積まれた
桃は全て、この饅頭型なのです。

その名も「Peche plate」(ペッシュ・プラット=平たい桃)。

そのまんまではありませんか。

peche2.jpg

横から見ると、和菓子の桃山のようです。

ネットで調べたところ、どうやら新しい品種のよう。
有名なのかも知れませんが、私は初めて見かけました。

店員のアジア系のおじさんに「これ、普通の桃と何が違うんですか?」と伺ったところ
ものすごく面倒くさそうに「んぁ?あー、それは甘いんだよ、甘いの。」と、とても信用
ならない感じで答えてもらったのですが…本当か。

1kg3.5ユーロと、普通の桃より若干高め。
同じ“平たい桃”でも、少し大振りで、1kg6ユーロというのもありました。

peche3.jpg

物は試し、とkg3.5ユーロの方を購入。(小心)

冷やしてから頂いたところ、わぁ(゚д゚*)おいしい!日本で頂く白桃の味だ!
(種がどのくらいの大きさか分からなくて、かなり小さめの実に切ってしまいました)

日本のものほど甘みはないけれど、酸味も少なくて香りが上品!
なんだか懐かしい感じすらします。

実が少ししかないのが惜しいけど、嬉しい発見でした♪

パリに来てから、果物食べる率がグーンと上がった気がします。
血糖値もグーンと上がっているのでしょう(-_-*)

【ブログランキング】参加中!
平たい桃に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:26| パリ ☀| Comment(10) | TrackBack(1) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

和菓紙!

washi1.jpg

みなさん、これ、何だと思いますか。

練りきり?落雁?

…実はこれ、和紙なのです。

前のエントリーでご紹介したSさんご夫婦から、「Yさんからのお土産を預かって
きましたよ(´▽`*)」と渡していただいたもの。

永田哲也さんという和紙職人の方が、和菓子の木型を利用し、和紙に型取りした、
通称・和菓紙、というもので、無形文化財・西の内和紙を使用しているそうです。

和菓子ならではのこんな形や…

washi2.jpg

こんな細かい彫りのものまで。

washi3.jpg

か、かわいすぎです。
いきなりハートをわし掴みされました。

washi4.jpg

絹の光沢を持つと言われる西の内和紙は、しっかりと固さがあり、温かみのある素材。

なんとこれ、メッセージカードなのです。

washi5.jpg

裏面に記入できるのですね。
とはいえ、何も書かなくても、十分に伝わるものがありそうです。

フランス人の方にこれでお手紙書いたら、とても喜ばれそう。
(もったいないから使わないけど)

他にも、うちわやぽち袋があるそうです。

セレクトして下さったYさんと、永田哲也さんに敬礼!
日本に帰ったら、永田さんの作品をたくさん見てみたいなぁ。

(パリでも展覧会を行ったことがあるそうです。またいらっしゃるかな。)

Yさん、どうもありがとうございました!

【ブログランキング】参加中!
和菓紙に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 04:24| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3つ星キャラメル。

先月上旬のことですが、日本の友人Yさんから「知り合いが新婚旅行でフランスに
行きます」と連絡があり、ご紹介を受けたSさんご夫婦とお食事をご一緒させて
頂きました。

すごく感じがよくて気持ちのいいご夫婦で、初めてお会いしたとは思えないほど
話が弾み、名残を惜しみながら、再会を願って別れたのでした。

新婦のSさんは、和菓子の会社にお勤めですが、洋菓子を本格的に学ばれた方。

今回もフランスで、ずっと行きたかったと思っていたブルターニュにある三ツ星シェフ
Olivier Roellingerの「Maisons de bricourt(メゾン・ド・ブリクール)」まで、
お菓子を求めて足を伸ばされたとか。

caramel1.jpg

念願のキャラメルを手に入れ、私にもちゃんとお土産で買ってきて下さいました。
商品名が手書きなのが、味があっていい感じです。

caramel2.jpg

手作り感いっぱいの、ソフトな有塩キャラメル。

ピーナッツやアーモンド、ヘーゼルナッツが入っていてコリコリした歯ざわりがステキ。

ほのかな塩味がキャラメルの美味しさを引き立てています。

貴重なものだと思って、なかなか手を伸ばせないのですが、とても美味しい♪

Sさんご夫婦、どうもありがとうございました。
そして末永く、お幸せに(*´▽`)

【ブログランキング】参加中!
キャラメルに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 03:41| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナカタワ!

ふぅ(;´д`)ゞ
手に汗握る、ドキドキのクロアチア戦でした。

パソコンで日本のTV中継を見ながら、フランスのテレビでも中継を見る、という贅沢
(?)なダブル視聴でしたが、フランスのレポーターが川口のプレーを絶賛していた
のは素直に嬉しかったです。


ところで、ダブル視聴で気づいたこと。

それは、サポーターの声の聞こえ方が全然違う!ということです。

日本のテレビでは「♪にぃーっぽーんにぃーっぽーんにぃーっぽーん♪」の応援歌が
聞こえたり、日本側のシュートの瞬間なんかに「うわー」と盛り上がるサポーターの声
が聞こえますが、フランスのテレビではちらっと聞こえる程度。

番組や気分を盛り上げるために、日本のサポーターの声がよく聞こえるような位置に
マイクが設置されているんだなぁ。

考えてみたら当たり前?ですが、今回初めて気づいたことでした。


それと、今回ほほえましかったこと。

試合中にレポーターが「ナカタ」と「ナカザワ」を連呼しすぎて最終的に

「ナカタワ!」

と言ったのには笑いました(*´m`)かなり惜しい感じです。

それと、途中なんども「タカラ」「タカラ」と聞こえるのは何だろう?と思ったら…
「タカハラ」のことだったのですね(;´д`)ゞ
(フランスでは“H”を発音しないのです)

それから、クロアチアの選手にやたらと「Tu dors?(チュドール=寝てるのか?)」
と言っているのが聞こえて、えぇ(゚д゚*)やたらと鋭いツッコミね、と驚いていたら、
TUDOR(チュドール)選手の名前を挙げているのでした。あー、びっくりした。


そんなこんなで、引き分けでしたが、なんとかチャンスが続きますように。


【ブログランキング】参加中!
ナカタワに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 02:58| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

PAIN DE SUCREのエクレア。

密かに憧れているブロガーfarafelさんのブログ「食べ物中心。パリ生活。」

しっかり踏み込んだ視点と、知識や経験に基づいた情報が惜しげもなく書かれていて
ただ楽しいだけでなく、本当に勉強になるのです。

そちらで以前紹介されていた「PAIN DE SUCRE(パン・ド・シュクル)」のエクレアが
色といい見た目といい、とっても気になっていて、昨日、そのお店があるマレ地区を
ほっつき歩いたので、早速寄ってみることに。

pain1.jpg

あったあった(´▽`*)

こじんまりとして、落ち着いた配色の店内。
返って、ケーキの鮮やかさが映えているようです。

pain2.jpg

これこれ!このエクレアたちが気になっていたのでした(>_<*)

エクレアの上に、薄いクッキー生地が乗せられているのです。
小ぶりながら、実物は思っていた以上に斬新、かつ鮮やか!

↓クリックで拡大できます。

pain5.jpgpain4.jpgpain3.jpg

全体的に、甘さはとても控えめ。皮はソフトなのにサクサクです。

エクレアを見た途端、舞い上がって、「これ1つずつ下さい!」ときちんと商品札を
読まずに買ってしまったのですが(ヲイ!)、ピンク色は木苺(Fruit rouge=赤い
果実、かも?)淡い緑がミント、茶色はチョコです。

木苺はバニラビーンズがたっぷり。ヨーグルトのような発酵乳の香り+フルーツで
やや酸味が強め、夏場に爽やかな感じです。

チョコは香りが弱いのですが、品のある仕上がり。

一番衝撃的だったのはミントでした。

単なる香り付けのミントではなく、かなり素材感のある(つまり生々しい)ミントの香り
で、生地に塩味があるので、どうしても「ベトナム風生春巻き(ミント入り)」を想像
してしまうお味なのです。

ところが、これが何故か後に引く!最初に無くなったのもミントでした。

また行ったら、きっとミントを買ってしまうような気がします。


他にも美味しそうなパティスリーやパンがたくさんありました。
farafelさん、ステキなお店を教えて下さって、ありがとうございました。

【ブログランキング】参加中!
ベトナム生春巻きに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 20:15| パリ | Comment(8) | TrackBack(1) | パリスイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラ語デビューその後。

金曜日の講習会、無事終了致しました(*´▽`)=3

会場はヴェルサイユの近くで、バラのあふれるお屋敷のテラス。
こんなステキな会場は初めてでした(*´д`)ゞ

皆さんと一緒にランチをいただき、食後に1時間ほどお茶を楽しみながら…という内容
だったのですが、やはり日本語のようにはうまく行かず、残ったのは反省点ばかり…。

事前に講習内容を組み立てる中で、普段は「この話題は3分くらいかな」「今回は
この話題を加えよう」などと検討をつけてから本番を迎え、実際にお話する時も
段取りからずれてもそれなりに修正しながら進めるのですが、これがフランス語
になった途端、がた崩れ!

5分くらいかな、と思っていた話題が、一瞬で終わってしまったり、意外なところで
質問が集中したり…と全く予定通りに進められず、正直、てんてこ舞いでした(つд`)

単語力も、話術もまだまだだなー(*>_<)

それでも、すごくいい勉強になりました。
主催者の方も、参加者の方も暖かい方ばかりだったことも幸いでした。

solente.jpg

↑今回、講習会の前にご一緒させていただいたランチ。なんたる役得!
参加者の方々の手作り!和洋折衷で美味しいお料理ばかりでした。

(日仏マダムの会員制イベントの一環だったのです)

機会を下さって、本当にありがとうございました。
そして、ごちそうさまでした。


帰宅後、容疑者室井慎次をドキドキしながら見たSayagataでした。

【ブログランキング】参加中!
応援の【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:10| パリ | Comment(6) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

フラ語デビューなるか。

日本茶インストラクターの活動や、お仕事の一環として、お茶の講習会をさせて
いただくことがあります。

準備は大変ですが、毎回楽しいので、機会が増えるのは嬉しい限り(´▽`*)

先日、知り合いの方(日本人女性)からのご紹介で、「15名くらいなんだけど、
お願いできる?」とお声掛けをいただき、二つ返事で引き受けることにしました。

しかし…

日程が近づくのに合わせ、主催者の方(日本人女性)と内容のやりとりをしていた
ところ…ものすごく初歩的な誤解が発覚。


「参加者はほぼ全員フランス人です」


Σ(゚д゚ノ)ノ!!

な、なんですと!!!


てっきり日本人の方を対象に日本語で…と思い込んでいました。

フランスに住んでいるのに、なんで考えが及ばなかったんだろう…。
ダメダメです。

でも、いつか乗り越えなくてはいけない壁だから、できる限り頑張ってみよう…と、
先日奮発して購入した梅酒をお湯割りで、気付けに飲んでおります(;´д`)ゞ

ume.jpg

ふぅ(*-_-)_u~~ おいひ。

ところでこの紺色のてぬぐい、「かまわぬ」の十八周年記念の限定ものです。
刺し子風なのがかわいい(´▽`*)

講習会は、明日。

うまく行ったら、ずっともったいなくて見られなかった「容疑者室井慎次」のDVDを
今度こそ観よう!と思います。(日本のものは全てもったいない気がするのです)


追伸:その主催者の方はとても優しくて、私も通訳手伝うし、一緒に頑張りましょうと
言って下さったのでした。ありがとうございます(つд`)

【ブログランキング】参加中!
ホット梅酒に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 03:51| パリ ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | お茶・喫茶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ジズー!

今日は、うだるような暑さでした。30度超えたかも知れません。

暑さのせいか、はたまた皆さん、テレビにかじりついているのか。
初戦を迎えたフランスは、びっくりするくらい閑散としていました。

フランスの会社で働いているし、やっぱり応援しなきゃマズイかな…と早々に会社を
出たところ、街中には、まだ電車があるというのに、タクシー乗り場にものすごい行列。

な、なんで(゚д゚*)!?

そんな行列で待つくらいなら、絶対電車の方が早いのに!
気持ちがめちゃくちゃ焦っているのでしょうか。


結果、スイス戦は引き分け。

でも、ジダンが見納めだと思うと感慨深いですね。
(普段サッカーあまり見ないんですけど。そして、にわか巻誠一郎ファン)


ところで、昨日の予言通り、さっさと半日で帰宅した同僚のフランス人。

(18時からだから昼に帰らなくても!と言ったら「こんな日は、仕事が手につかない
んだよ(*`Д´)=3!」と逆ギレ)

彼が今日記入した、会社の商品入出庫表にこんな書置きがありました。

vive.jpg

"Vive la France!!"(フランス万歳!)

そんな、気づくか分からないようなとこに小さく書いているところが、ちょっと
可愛いです。


ちなみにジズーは、ジダンのフランスでのあだ名です。


【ブログランキング】参加中!
ジダンに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 03:37| パリ ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

W杯初戦。

最近、両親が、フランスのPCで日本のテレビが見られるように手続きをしてくれた
お陰で、今日のサッカー・オーストラリア戦も、日本語中継を見られました(´▽`*)

初戦、残念でしたね…。
1点リードのまま逃げ切ってほしかった(-_-*)

明日はフランス-スイス戦を観なくては。
同僚は、明日早退すると豪語していました。


ところで、ご覧の通り、スキン変更しました。
エキブロのものをそのまま転用していて、なんだか芸がないですね…。

幅が若干せまくなったので、過去のエントリーの改行位置がおかしいですが、どうか
大目に見て下さい。

取り急ぎのご報告まで。
posted by sayagata at 06:02| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。