2006年10月27日

うちに着くまでが遠足。

4泊5日の、ドイツ+デンマーク少々な出張から無事帰宅致しました。

いやはや、「うちに着くまでが遠足、パリに着くまでが出張」とは先人はよく言ったもの
です(-_-*)何事も、最後の最後まで、気持ちを緩めてはいけません。

かく言うわたくし、最終日、余裕を持ってハンブルグ空港へ入り、余裕のチェックイン…

…と思ったら。

チェックインカウンターで、「おかしいな。あなたの名前で予約がありません」と、サラッと
怖いことを言うAIR FRANCEのスタッフの方。

え(゚д゚*)?

そそそ、そんなハズはございません。もう一度よく調べて下さいよ。

「いや、やっぱり無いですね。こちらの手違いかも知れません」

来た!頼むよ、AIR FRANCE〜。
やっぱりフランスはいい加減だなぁ。こんな時にやめてよねェ(*`Д´)

「26日の日付になっているし、どうしてだろう?」としきりにクビを傾げるスタッフの方々
の表情に、こちらも段々不安が募ります。

うわーん、どうなるのよぅ(つд`)

チケットカウンターに回されて、再度チケット予約確認。

「今日帰れないと困るんです。予約が取れていなかったのなら、何とか同じ時間帯の
飛行機に乗れるよう手続きをしてほしいのですが…(>_<*)」

と切々と語ると、黙って聞いていた、担当のうら若きお兄さんが言いました。

ham.jpg

「これ、来月の日付のチケットですけれど…」

んぁ(゚д゚ノ)ノ

(゚д゚ノ)ノ!

(゚д゚ノ)ノ!!

なんと、抜け作な私は見事、来月の26日で予約していたのでした。

衝撃を受け、ポカーン(゚д゚*)な私を哀れんでか、ペナルティ小額で同じ時間帯の便の
席を何とか確保してくれたお兄さん。

親切な人で良かった(つд`)

「次回から気をつけてね」と言われ、「絶対気をつけます(>_<*)」と首をブンブン振り
ながら搭乗ゲートに向かったのでした。

ドイツって、本当にステキな国ですね。

【ブログランキング】参加中!
来月チケットに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:10| パリ | Comment(20) | TrackBack(0) | パリ小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

デニッシュ!

200610260108000.jpg

一応、デニッシュパンを押さえておく(-_-*)

日本で食べるコンビニの菓子パンみたいな
ちょっとチープな感じがどこか懐かしい。
posted by sayagata at 01:12| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧の夕陽。

200610260047000.jpg

これからドイツに戻ります。

北欧は日差しが暖かかった(´▽`*)
夕陽がキレイでしばし見とれました。
posted by sayagata at 00:50| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

デンマーク入り!

200610250007000.jpg

1日だけデンマーク滞在。

何だか可愛い、KRONER通貨(´▽`*)
posted by sayagata at 00:48| パリ ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

ドイツevian !

200610240505000.jpg

寸胴なテトラ入りevian!
実物初めて見ました(´▽`*)

かわいい上に、蓋を閉める時の
パキパキパキという音がかなりヤミツキ。
posted by sayagata at 05:09| パリ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

ちなみに。

200610221851000.jpg

投函口は横にあります(´▽`*)
posted by sayagata at 19:11| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ的ポスト。

200610221851001.jpg

じゃあ、ポストはさぞや可愛いんじゃないの?

と期待しましたが…あれ?意外と地味なのネ(-_-*)
posted by sayagata at 19:08| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ的公衆電話!

200610221904000.jpg

んま!公衆電話も可愛い!
posted by sayagata at 19:05| パリ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ出張中。

200610221805000.jpg

グーテンモルゲンなドイツはハンブルグに
来ております。

とにかく街が美しい!人が暖かい!
同じヨーロッパでも、こうも違うものか(-_-*)

ごみ箱が可愛かったのでパチリ!
posted by sayagata at 18:10| パリ ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

セップ丼!

最近、旬のものに関する話題が乏しかったので、季節のエントリーをひとつ♪

先日お仕事でボルドーに行った際、気軽に入ったレストランで、気軽に注文した
お魚料理にさりげな〜く添えられていた「セップ茸」のソテー。

ななな、なんて美味しいんだ(゚д゚*)!

マツタケを思わせる香りの高さ、歯ごたえ、口溶け…。
メインのあんこうより、遥かに存在感があり、激しく美味しい!!

(あまりの美味しさに写真取り忘れ)

ノーマーク(というか知らなかった)でしたが、ボルドー産のセップはセップの中で
最も美味しいと言われているそうです。

しかも今年は出来が悪いそうで、不作なのにあんなに美味しいなんて、出来がいい
年はどんなに美味しいんだろう(>_<*)

この前の鉄板大会でもセップを含めたキノコを3種類くらい頂きましたが、これが
きっかけで、私の中でにわかにセップ率急上昇↑↑↑

今日たまたま友人がうちに来る予定があったので「よし!」と意気込んでセップを購入。

cep1.jpg

こちらがセップ茸。
全て天然物で、栽培がとても難しいのだそうです。

(天然なので、もちろん内部にxxxやzzzが潜んでいたりもする訳です。切る時は
命がけです)

日本ではあまり見かけない…かな?

そして作ったのがこちら!

cep2.jpg

セップ丼ヽ(´▽`*)ノ

香りの高さが身上ですので、ごくシンプルに炒めて味付けはわずかなニンニクと、
塩と醤油。紫蘇と、盛り付けがちょっと物足りなかったので、旬のカリフラワーを
添えました。

っかー!美味しい(*>_<)b いい香り!

ボルドー産セップではありませんでしたが、この丼は簡単な上にかなりヒットでした。

キノコが主役の丼って、この季節ならではだなぁ。
今度は別のキノコで試してみよう!

【ブログランキング】参加中!
セップ丼【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:36| パリ | Comment(11) | TrackBack(0) | 自炊がんばる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

韓国スイーツ。

随分前のことですが、会社の関係の方に韓国土産をいただきました。

kor1.jpg

このフワフワの、糸が巻かれたようなお菓子。
韓国の「クルタレ」という宮廷菓子だそうです。

保管は冷蔵庫、いただく前に冷凍庫で冷やして食べて、とのこと。
へぇぇ(゚д゚*)面白い食べ方のお菓子なんだなぁ。

kor2.jpg

わぁ、すごい!細くて、絹のようです。

触ると、表面はすぐにさらさらと崩れてしまいます。
なんて儚いお菓子なの(>_<*)

kor3.jpg

中には、ゴマ、松の実、ピーナッツ、クルミ、きなこなどのフィリングが。

口に入れると、噛むまでもなくサラッと溶けてしまうのに、しばらくすると何故かねっとり
した食感に変わります(゚д゚*)ひゃー、不思議!

「これ、どうなってるんだろ?」「なんでネットリするんだろ?」とクビをかしげている
うちに、2つ、3つ、と手が伸びてしまいます。

説明を読んでみよう、と箱の裏を拝読。

kor4.jpg

(写真を横につなげたので読みにくくてごめんなさい)

どれどれ…お!
こ、これは、パッと見ただけで、かなりツボっぽい説明の予感!!

kor5.jpg

ミツとムギュをし”ゅくせい

来た、これ!来てしまいました(>_<*)
「ムギュをし”ゅくせい」!!!

正しくはハチミツと麦芽を熟成させた生地、だそうです。

kor6.jpg

長人精神でコナをこねてつくる

そ、それ、超人ですから!長人だと長い人ですからー(ノ゚д゚)ノ

kor7.jpg

(前の行からつなげて)16,000スジ

せっかく長人精神でこねたのに、本数にはちょっと自信なし!!

お菓子の不思議さ加減より、この説明の奥深さに強く心惹かれたSayagataでした。
ゴチソウサマでした(´▽`*)

【ブログランキング】参加中!
ムギュに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:00| パリ | Comment(6) | TrackBack(0) | パリ小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

多国籍料理?

いえいえ(゚д゚*)、うちは韓国料理ですよ。

aka.jpg

店名が「AKASAKA」でも。

えぇ、韓国料理です。

(買い物途中に見つけたお店。メニューもやっぱり韓国料理でした。もしAKASAKAと
いう韓国語の単語があるのでしたらゴメンナサイ)

ところで、明日から2日間、お仕事でボルドーに行って参ります。
ずっと室内に閉じこもらなくてはいけないのが残念(>_<*)ワイン飲めない!

【ブログランキング】参加中!
AKASAKAに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 04:27| パリ ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | パリ小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

フランス料理教室・10月。

前回から少ししか開いていませんが、今月のお料理教室に行って参りました。

今月のメニューは…

○カリフラワーのミモザサラダ
○鴨のブドウソース
○キャラメルチョコレートのムース

4mindy1.jpg

ちょうど旬とのことで、新鮮なカリフラワーたっぷりのミモザサラダです。

わ、茹でた塩加減がちょうどいい(゚д゚*)!

ソースはバターやパン粉を使っているのに、レモンで味がキュッと引き締まって、
ボリュームがあるのに、さっぱりしています。

「先生、これ美味しすぎ(>_<*)」を何回も連呼。後に引いて止まりません!

しかも簡単だし、自宅でも定番にしたいなぁ。
盛り付けもカワイイな♪

ちなみにSayagata実家では、カリフラワーに鰹節+醤油ドレッシングが定番。

4mindy2.jpg

かなり高カロリーまっしぐらなメイン料理(;´д`)ゞ
…フランス料理で、それは言いっこなしですケド。

手前は鴨の背肉です。この内側のレア具合、実は余熱だけで火を通しています。
周りをカリッと焼いた後、ルクルーゼへ入れるだけ。

保温能力の賜物ですね!あっぱれ!

それから、脂身の扱い方がすごく勉強になりました。今まで避けて来たけれど、
これで少し、鴨料理にチャレンジする勇気が出てきたゾ(>_<*)

なお、レシピは葡萄ソースでしたが、先生が新鮮なイチジクを入手されたとのことで
急遽葡萄の代わりにイチジクのワインソース。

鴨肉の濃厚な旨みと、イチジクの甘みで、それはもう、非の打ち所がない美味しさ。

付け合せは、ジャガイモを細切りにしてフライパンに敷き詰め、熱を使ってでんぷん質
だけで固めたピザ上のグラタンです。

4mindy3.jpg

おまけで先生が用意して下さった栗。ちゃんと鬼皮、渋皮を取って茹でました。
ほのかに甘くてほっこり。ありふれた言葉ですが、秋の到来を感じます(´▽`*)

先生流に、ワインソースと塩をかけて頂くと、さらに味わい深い!

4mindy4.jpg

たらふく頂いた後のデザートは、キャラメルチョコレートムース。

キャラメルの香ばしさと、カカオ70%以上のチョコレートを使用したほろ苦さのある
大人向けのデザートです。

ソースはオレンジ。

チョコレートと果物の組み合わせでダントツに好きなのがオレンジなので、美味しく
ないはずがありません。

何とも爽やかで、小躍りしたくなる後味でした。

毎回勉強になるけれど、今月のレシピはかなりヘビーユースになりそうです(´▽`*)

【ブログランキング】参加中!
大人なデザートに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:18| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バトン2本。

すいません、受け取っていたバトンをずっと止めておりました(-_-*)

-------------------------------------------------------------------------------
A子さん、ゆも、その他数名から頂戴した【お酒バトン】!
-------------------------------------------------------------------------------

■Q1、酔うと基本的にどうなりますか?

饒舌になり、自虐キャラ暴走。

■Q2、酔っ払った時の、最悪の失敗談はなんですか?

酔っ払っても、介抱してもらえるタイプの子ではないため(泣いてない)、昔から
飲める量を心得ており(!)、あまり派手な失敗はないです。

一番しんどかったのは、貧血かな。池袋で1回、目白で1回、新宿で1回。

■Q3、その時はどの位飲みましたか?

体調が悪かっただけなので、量的にはビール2〜3杯、日本酒1合くらい。

■Q4、最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?

大学時代、体育会系ラクロス部の合宿で、私以外の新入社員が全員下戸という
恐ろしい事態が発覚。新人の人数分、私一人で飲まされた時の翌日(しかも朝練)
は、頭痛とかそういうレベルではありませんでした。

なんかもう、いっそ別の生き物になってしまいたかった(-_-*)

■Q5、酔っ払って迷惑を掛けた人にこの場で謝りましょう。

ゆも、貧血の時に介抱してくれて、ありがとう(つд`)
あと、迎えに来てくれたお父さん。ありがとう。

一緒に飲んで下さる、飲んで下さったみなさん、ありがとう。

■Q6、今、冷蔵庫に入ってるお酒は?

・1664 ←フランスでポピュラーなビール
・ハイネケン
・チョーヤ梅酒
・料理用ジンロ

あとは日本酒とワインなので、冷蔵庫に入っていません。

■Q7、好きな銘柄は?

日本酒の「黒龍」、焼酎「黒霧島」、梅酒なら「雑賀梅酒」、ビールはYEBISU。

ワインは勉強中です(>_<*)

■Q8、最近、最後に飲んだお店は?

この前、匿名Yと一緒に行った、ODEONの小さなバーです。
コロナ飲みました。

■Q9、よく飲む、思い入れのあるお酒5品は?

Q7と被りますが、黒龍は大切な人との思い出がいっぱいです。

特定の銘柄というより、この梅酒は誰それにもらったなぁ、とか、このワインは誰
それと飲んだなぁ、この銘柄は誰それの好きなお酒だなぁという思い出が多いかな?

■Q10、バトンのジョッキを渡すヒト、5人は?

もう大分回っているようなので、ここで一旦ストップします。
希望の方がいらしたら、遠慮なく拾っていらして下さいね。


-------------------------------------------------------------------------------
いっしーさんから頂いた【あのこの事もっと知りたいバトン】!
-------------------------------------------------------------------------------

■1、回す人を最初に書いておく。

おっと(゚д゚*)では…

・エキセントリックA子さん(mixi内)
食べもの中心。パリ生活。のFARAFELさん
パリで、着物暮らしのあかねさん

もしお気づきになりましたら、受け取ってやって下さい。
もちろん、ブログの趣旨に沿わなかったら、スルーして下さい(>_<*)

■2、お名前は?

Sayagataと申します。

■3、おいくつですか?

29歳になりました。

■4、ご職業は?

日本茶系商社(でいいのかな)。

■5、ご趣味は?

美味しいお茶を飲むこと。
和菓子を作ること、頂くこと。

そして、喫茶のある空間を友人や大切な人と共有すること。

■6、好きな異性のタイプは?

っかー(>_<*)来てしまいましたね、これ。
喫茶ぶろぐで避けて来た異性の話題。

好きなタイプ=好きになった人がタイプなので一概に言えませんが、感情が安定
した人、というのが共通している気がします。

それと、私にとって「食」が大切なものなので、一緒に食を楽しめる人かな。
旬の野菜、旬の魚を自然と心得ていて、上手に楽しめる人なんて、かなりステキ♪

それと基本的に、少し無口くらいの人が好き。
でも時々言う言葉がすごく優しかったり暖かかったりする人はツボです。

それと、偏差値ではない頭の良さ(スマートさ?)を感じさせる人、聞き上手、
人に信頼される人。

外見は、好きになったらその人の外見がタイプですが、どうも和風な顔つき(目が
細いとか)、あるいは和服が似合う人には弱いです(*-_-)

…明らかに書きすぎですね。

■7、特技は?

うふふ。

指を5本そろえた状態で、中指と薬指の間を、78度開くことができます!
未だに、私より開く人見たことない!

気持ち悪い、といわれるので、写真小さくしてます。
物好きな方はクリックどうぞ。

te1.jpg te2.jpg

■8、資格、何か持ってますか?

好きなことは、ついつい追ってしまうタイプなので、気づいたら色々資格を取得
していました(;´д`)ゞ

・日本茶インストラクター
・和菓子講師
・伝統意匠デザイン検定
・江戸ソバリエ

■9、悩みが何かありますか?

それはもう、山ほどありますよ(つд`)

今ツライのは、3年後のビジョンが描ききれて居ないことかな。
そこがハッキリすれば、色々乗り越えられると思うのですが…。

あと、この歳で身長が伸びるのは嬉しいですが、体重が…。痩せなきゃ。

■10、お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?

お茶や和菓子以外で特に好きなのは、大豆系(豆乳、豆腐)、茄子、麻婆春雨、
やわらぎ。

苦手なのは、肉の脂身、グリーンピース、キクラゲ。

■11、好きな人はいますか?

沢山いますよ(´▽`*)

特に、私の人生を大きく、いい方向に導いてくれた方々、人生の浮き沈みでツライ
時に力になってくれた方々、本当にありがとう。

■12、貴方が愛する人へ一言

11と被ってますね(;´д`)ゞフライング?

今はフランス人の友人にも救われているのでMerci beaucoup!

■13、回す6人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。

すみません、3名で止めます。

・A子さん:私のパリでの良き理解者。淡々としてるのに暖かい人。そして
性格が本当にかわいい。

・Farafelさん:憧れの方。しかも謙虚で研究熱心。彼女のブログから教わることは
数知れず。いつか美味しいレストランにご一緒したい!

・あかねさん:同じく憧れの方。着物の後姿が美しすぎ。博識でいらっしゃるのに、
決してひけらかさないところも魅力です。


以上、私事でお粗末様でした!

【ブログランキング】参加中!
バトンに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:27| パリ | Comment(6) | TrackBack(2) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

パリでお月見!

さて、10月6日は中秋の名月。

お月見はもちろん、ほぼ毎年、お月見団子を作る&頂いているので、今年も外す訳
には参りません。

パリでもこの日は満月前日だそうで、いいお月様が期待できるかも!と、いつもの
メンバーに声を掛け「パリでお月見」を企画しました。

どうせなら、お月様とエッフェル塔を…とシャンデマルス公園集合にし、前日から
お月見団子を作って準備万端。

ところが!

雨天!

やっぱり雨女なんだ、私(つд`)

雲も厚くてお月様が望めそうも無く、キャンセルかな…と思っていたところで、
みんながお月見団子を食べたいと言ってくれたので、急遽、Sayagata宅で夕食会。

「お月見」や「お月見だんご」という日本の文化がみんなの関心を惹いたようで、
いつものメンバーだけでなく、Yの友達P、そのまた友達が4名…と連鎖的に大勢が
集まってくれました。

日本、モンゴル、中国、韓国、カンボジア系フランス、ベトナム系フランス…今宵は
国籍が多彩!様々な言語、そして議論が飛び交っていました。

tsuki1.jpg

鉄板焼きで野菜や海老、焼きおにぎりを一頻り楽しんだ後。

上新粉+白玉粉を蒸し上げて、水を加えながらこねたお月見団子。
ちゃんと正しく、十五夜で15個重ねました(´▽`*)

「なんで他の満月の日じゃだめなの?」「お月見団子を食べるとご利益があるの?」
など、中秋の名月や、お月見団子について色々質問を受け、自分が全てに答え切れ
なかったことに反省しつつ、ちょっとした異文化交流を楽しみました。

tsuki2.jpg

お月見団子は、目で楽しんだ後、きなこ+黒蜜でいただきました。

もちもちでおいしー(*>_<)♪♪
みなさんの評判も悪くなかったようです。

結局、そのまま6時まで飲み明かし、Sayagata完徹のままフラフラで陶芸教室へ…。

tsuki3.jpg

後日、Eが送ってくれた当日のお月様。明け方、顔を出したそうです。
キレイなお月様を見ていると、心が澄んでくるよう。

日本の名月はいかがでしたか。

【ブログランキング】参加中!
パリお月見【ワンクリック】お願い致します!
ラベル:パリ 月見
posted by sayagata at 06:11| パリ | Comment(8) | TrackBack(0) | パリで和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵画展示会へ。

昔、フランスに住んでいたころからお世話になり、15年後に渡仏し、再会した今も
本当にお世話になっているFご夫妻。

ご主人様が絵描きさんで、この度パリのセーヌ川の間にあるサンルイ島にある
画廊で個展を開催。

パーティーのご招待状をいただき、お祝いと、作品を拝見しにお邪魔して参りました。

fu.jpg

ワイン片手に、1枚1枚ゆっくりと拝見しました。
ここ数年のFさんの絵は、夜景が中心なのだそう。

全体的に寒色系の色の割合が多いのですが、光がすごく柔らかく描かれている
のでどれも暖かい印象のものばかり。

そして、フランス人に「これがまさにパリの夜景よ!」と言わせる描画力。

個展には、沢山の方が訪れていて、Fご夫妻が本当に嬉しそうにしているので、
こちらも笑顔になってしまいます(^-^*)

大成功のご様子で、本当に良かった!
どれも、Fさんの穏やかなお人柄を伺わせる、優しい絵ばかりでした。


ところで、個展初日着でお祝いのお花を注文していたのですが、この日(開催3日目)
会場には私が注文したらしきお花が無い…(゚д゚*)

も、もしかして到着していないのかな?と不安になって奥様にお伺いすると「あぁ、
これSちゃんが送ってくれたの(´▽`*)ありがとう!」と差し出してくれた、小さな
ピンク色のブーケ。

Σ( ̄□ ̄;)

ちゅ、注文していたものと全然違う…(つд`)

夜景の絵画が多いので、会場の雰囲気を壊さないよう紫系統のお花でお願いして
いた上に、写真ではもっとボリュームのあるフラワーアレンジだったし、一緒に
ついているはずのカゴや装飾がない!

しかも!

差出人とメッセージカードが付いていない!
(これ致命的!)

Fご夫妻は、出荷元にも連絡して、差出人を調べたそうですが、無記名の注文だ!
と逆ギレされたそうで…な、なにぃぃ!

無記名でネット注文なんかできるかっての(*`Д´)ノ=3

こういうお祝いのお花は、気持ちよく送りたかったのにな。
やっぱりフランスっていい加減な国だな…と、少し凹みかけましたが、Fご夫妻の
笑顔に免じて、今日は大目に見ようかな(*-_-)

【ブログランキング】参加中!
夜景に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:45| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ODEON座で観劇。

いつも、パリの楽しみ方を教えてくれる匿名Y。
誕生日のお祝いに、ODEON座の観劇へ招待してくれました(´▽`*)

od1.jpg

フランスの代表劇場とも言えるオデオン座。
今年の4月に改装を終えたばかりで、ピカピカです☆

od2.jpg

開演前から、老若男女で人だかり。
入場すると、すぐに満席でした。

こんな時、観劇はフランスの大衆文化なんだな、と感じます(´▽`*)

それにしても、温かみがあってキレイな室内だな♪

od4.jpg

こちらが正面の舞台!

左手にある椅子とテーブル、舞台の演出道具です。
緞帳が上がるのかと思っていたので、ちょっとびっくり(゚д゚*)

(結局、舞台の途中で、緞帳があがりました)

od3.jpg

Yが取ってくれていた席は、なんと歌舞伎で言う桟敷席!
2人の席ずつ、仕切りがついて個室風になっています。

なんて贅沢!Y、ありがとう(つд`)

演目は、ハイナ・ミュラーの「Quartett」。

ラクローの「危険な関係」が原作の、2人の男女が織り成す関係が深く、濃く、
描かれたもの。

フランス革命の頃の話、と聞いていたのですが、演出家Robert WILSON氏の手に
掛かって、音や光、役者の動き、台詞の言い回し、全てにおいて何とも斬新でモダン!

Sayagata、最初から最後まで、圧倒されっぱなし(゚д゚ノ)ノ

不協和で抽象的なのですが、観るものに迫る描写、ゴテゴテしているようなのに
全体的にスマートな印象。

演劇なんて数えるほどしか見たことのない私ですが、かなり衝撃を受けました。
難しい内容ですが、(私の仏語能力で)深く理解できない分、返って先入観なく
楽しむことができたかな。

終わってみると、役者の服装が、それぞれのキャラクターにぴったりの色だったなぁ、
とか、シーンの合間や強調される瞬間に使われる効果音が、歌舞伎の拍子木の音
にそっくりだったなぁ、影響を受けたのかな、などとジワジワ、また違った余韻が訪れ、
うまく表現できませんが、蜜とスパイスがよ〜く効いた、不思議なお料理をいただいた
ような気分。

od5.jpg od6.jpg
od7.jpg

観劇後に取った会場。
ところどころに、歴代の劇作家の名前が書かれています。

天井の絵画もどこかモダンで、ちょっと意外でした。
椅子だけでも絵になりますね。

od8.jpg

帰り道、オデオン座のすぐ横に、キレイなお月様が。(ブレてるけど)

この後、カフェでビールを飲みながら今日見た劇について意見を交わす、という
典型的なフレンチスタイルを満喫して、帰宅したのでした。

すごく面白かった。忘れられない経験になりました。
Y、本当にどうもありがとう。

【ブログランキング】参加中!
オデオン座に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:15| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

お誕生日ありがとう。

という訳で、9月30日は私の29回目の誕生日でした(*´д`)ゞ

フランスでは、先日の匿名Yのお誕生日パーティーのように、自分のお誕生日は
自分で思い通りにオーガナイズするのが一般的。
(日本でも、率先して自分で企画してたけど…)

パリでの生活を本当に楽しくしてくれた匿名Yを筆頭に、近しい友人達を自宅に招待し
小さなパーティーを行いました。

an2.jpg

メインは、この日のために購入したホットプレートを使ってのお好み焼きヽ(*´▽`)ノ

ステキなフランス人カップルのE&Gチャーミングなモンゴル美人のEと、その彼のM、
クリエーター、且つ浴衣仲間&私のかなりの理解者でもあるA子さん、仲間由紀恵に
激似なのに、超関西気質でそのギャップで笑わせてくれるKさん、秀才肌なのに天然
過ぎて目が放せない同じ大学の先輩プチYさんなどと一緒に、ワイワイ、にぎやかに
料理を囲みました。

日本では、お好み焼きというと手軽で身近な料理でしたが、こちらではなかなか頂く
機会もなく、私も気合が入りまくりです。

an3.jpg

実は、少し前に、元同期のTくん(静岡在住)が、日本の食材をまとめてドーンと送って
くれたのですが、その中に、なんと「鰹節削り器」と「鰹節」が!

なんたる貴重品(つд`) Tくん、改めてありがとう。

もったいなさすぎて使うタイミングを逃していたのですが、今日こそベストタイミング!
お好み焼きが出来上がった段階で、E&Gたちに鰹節削りを体験してもらいました。

なかなか上手に削れず(粉々…)、みんなで苦戦しながらも、削りたての鰹節が出来て、
お好み焼きの美味しさ倍増!

んまー、お酒が進むこと進むこと!

an4.jpg

ところで、何本目かのワインの開栓中に、コルクがちぎれてしまい、残りがボトルの
口の奥に止まったのですが、フランス人Gが手馴れた様子でコルクを崩すことなく
開栓に成功!

「Gは今晩のヒーローだね!」と拍手喝采!
やっぱりワインの国の人なんだなぁ、と思った瞬間でもありました。

an5.jpg

キムチ焼きそばで締めた後は、デザートへ。

せっかくなので、鉄板を使えるどら焼きにしました。
クルッと包む、巻きどら風。

an6.jpg

ブレててごめんなさい。

具は、オーソドックスなあんこ、あんこ嫌いさん(フランス人の方はあんこ嫌いの方
が多いのです)のために、クリームチーズ+先日のはちみつ、クリームチーズ+
ラズベリージャムの3タイプ用意しました。

写真は、3色パン並みに全部乗せ!な匿名Y。

an7.jpg

こちらは正統派のあんこ!なA子さん。

an8.jpg

それから、Yの差し入れで頂いた生八橋もいただきました!
秋限定の「栗」と「紫芋」、それと「小豆」の3種です。

このもっちり感と、ニッキの香りが懐かしいなぁ(´▽`*)

an9.jpg

食後は、コーヒー代わりに中国茶を。
一時帰国中に、以前足しげく通っていた「遊茶」で購入したものです。

・特級東方美人
・参賽鉄観音
・巌茶白鶏冠

久しぶりの茶芸。茶杯が人数分なかったので、少し大きめの器で。
白鶏冠は、誰にもすんなり飲みやすかったようでした。

そうそう、鉄観音の乳香を「しいたけ」「じゃがいも」と表現した友人がいて、香りの
感じ方も十人十色だなぁ、と思いました(´▽`*)


最後に、友人達からバースデーソングと共にサプライズプレゼント。

来てくれただけでも十分嬉しかったのに…(つд`)

どのプレゼントも、見事に私の好みを付いたものばかり。
思いやりが詰まっていて、すごく心にしみました。

ひとつひとつ紹介するのは、なんだか品がない気がする…というより、自分の中に
留めておきたいので(すみません)、2つだけ載せます。
(クリックで拡大できます)

an11.jpg an10.jpg

右は、なんとモンゴル美人Kの手作り!ニット帽とマフラー!
かぶったらまるでいちご姫。今冬、使い倒します(>_<*)

左は、最高に笑った「うなぎ」ノボリ。可愛すぎる。
先日浴衣を着て一緒にうなぎを頂いたA子さんから。

プレゼントとしてありえないところが、A子さんらしい!!

彼女からは

「お茶のように多彩な味わいの人生を歩んでください」

と言うメッセージをもらい、今の私にはかなり救いの一言でした。

merci.jpg

日本の友人たちからのお祝いメールや電話でも涙。
最近やたらと涙腺の弱いSayagataなのでした。

みんな本当にありがとう(つд`)
もう少し、頑張れそうです。

【ブログランキング】参加中!
お好み焼きパーティーに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 06:24| パリ ☀| Comment(36) | TrackBack(0) | パリの中の日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝心な時に…。

先日、日本からお仕事の関係の方がいらしたので、同僚と共にフランス料理を頂き
に2区の「Le Vaudeville」へ行って参りました。

以前にも同僚に連れて行ってもらったことがあるのですが、店内の装飾が華やかで
(お花がダイナミックです!)しっかりと量のある美味しいお料理や、明るい店員の方
がなんとも魅力的。

この日も美味しいお料理(ステーキchateaubriand!添えられたpleuroteの
ソテーの美味しいこと!)に舌鼓を打ち、食後のコーヒーを前にちょいと失礼して
地下のお手洗いへ。

すると、上階のフロアから「♪Joyeux anniversaire〜♪(ハッピーバースデー)」の
歌が聞こえてくるではありませんか。

なんだか、すごい大合唱♪♪

あ、誰かお誕生日の人がいるんだなー(´▽`*)と思いながら手を洗い、席に戻ると…

「あぁ!Sayagata!肝心な時にいないんだから(*`Д´)!」

と、同僚たちからブーイング。

…んぁ(゚д゚*)?

そう、実はこの日は、例のイタズラっこの同僚Oのお誕生日(9月28日)前日、そして、
私の誕生日(9月30日)の3日前で、先ほどのお祝いはもう一人の同僚が仕組んで
くれていたサプライズだったのです。

どうやら、店内の電気が全て消え、お客さん全員がバースデーソングを合唱、さらに
花火の付いたケーキが運ばれてきたそうで、私は見事に、その一部始終を見逃して
のんきに地下で「あぁ、誰か誕生日なんだなー」と思っていたのでした。

なんてこった(-_-*)

an1.jpg

その後、運ばれてきたケーキ。

とっても美味しいチョコレートケーキでした。

といっても、花火が付いていたものとは別物だそうで、その瞬間の様子は、私の想像
の中に留められることとなりました。


それでも、お気持ちが嬉しいです(´▽`*)
店員さんも、歌って下さった方も、ありがとうございます。

O、Joyeux anniversaire!!

【ブログランキング】参加中!
サプライズに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 04:59| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。