2006年09月25日

フランス料理教室・9月。

8月はお休みで、2ヶ月ぶりに参加したフランス料理教室。

今月のメニューはこちら!

○ フランス南西部風サラダ
○ あんこうのブランケット
○ ピラフ
○ 無花果のキャラメル焼き

3mindy1.jpg

メスクランというミックスサラダに、インゲンとフォアグラ、手作りクルトンを散らした
しっかりした味わいの前菜。
組み合わせは、ワインビネガーの効いたフレンチドレッシングです。

ドレッシングは控えめにし、フォアグラのコクと、歯触りの違う食材の組み合わせを
心行くまで味わうサラダでした(´▽`*)

3mindy2.jpg 3mindy3.jpg

↑クリックで拡大できます。

こちらは、あんこうのブランケットと、シンプルなピラフ。

ブランケットとは、お肉や野菜をホワイトソースで煮込んだシチューのこと。
今回は、サフランで香りと色づけをしました。

ピラフにはイタリア米を使用。ブランケットを引き立てるため、たまねぎを加えただけ
のシンプルなもの。

3mindy4.jpg

こっくりしたブランケットと、さらっとしたピラフでバランスのいい仕上がり。
あんこうが旨みがあって美味しかった(´▽`*)

ところで、あんこうはフランスでも一般的なお魚。

ただし“あん肝”は頂かず、ほとんどが捨てられてしまうそうで、酒好きの人には
何とももったいない話。

フランスに住んでいらっしゃる日本人の方の中には、この捨てられるあん肝を譲って
もらえるよう、足しげく魚屋さんに通う方も多いそうです。

3mindy5.jpg 3mindy6.jpg

こちらは先生が出して下さった、ちょうどよく熟したカマンベール。

美味しいカマンベールを選ぶための条件は、「Au lait cru 生乳仕立て」、そして
「moule a la main 手作り」(チーズを型に入れる工程が機械ではなく手で行われて
いるということ)と書かれているものを選ぶこと!と教えて頂きました。

とろりとして、おいし(*-_-)♪

3mindy7.jpg

締めのデザート♪

無花果を、味が染み込み、仕上がりもキレイになるよう上の部分だけ4つにカット。

ワイン+お砂糖のソースで軽く煮込み、お皿に移してからシナモン+黒胡椒の粒、
それからはちみつを加えてオーブンへ!

3mindy8.jpg

熱々の無花果をバニラアイスと盛り付けて、最後にミントを飾ります。

材料や見た目から、絶対美味しいに決まっている!と思っていましたが、んもー
全く期待を裏切らない、無花果のプチプチが美味しいデザートでした♪
黒胡椒は、後味にかすかな刺激を残し、味を締めるんですね。

先生の陽気な人柄で、また来月が楽しみになる教室でした(´▽`*)

【ブログランキング】参加中!
9月のフランス料理に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 01:02| パリ ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も一度料理教室に通いたいな〜と思いつづけてるんですけど、未実現・・。
イクスピアリのピエールエルメの講座が一番きになってますが・・。
習い事て先生との相性も影響大かしら。
海外で色んなことにチャレンジされてパワフルですね。

Posted by キャラメル at 2006年09月25日 11:54
ああ、美味しそう。
sayagataさんちではいつも写真と説明文から美味しそうな雰囲気がたっぷり伝わってきます。
私もイチジク大好きなのですが、京都ででイチジクのお吸い物なるもをいただきました。同じ割烹屋さんでは小さなイチジクを干したものをお野菜の煮物とも出してらっしゃいました。
お吸い物の写真、トラックバックしますね。
Posted by あかね at 2006年09月25日 18:03
Sayagataさん

お久しぶりです。今回もとっても美味しそうですね!私もパリで料理教室行って来ました!ラッキーにもマンツーマンでした。色々な食材の組合せがあり、勉強になりますよね。このイチジクデザート美味しそう。ぜひレシピUPお待ちしてまーす。
後、ボルドーへも行って来ました。とっても良い所でしたね。いろいろ参考にさせて頂きました。ありがとうございました(#^.^#)
Posted by Sonia at 2006年09月26日 17:45
Sayagataー!
元気そうで何よりです。
アンコウはメジャーなお魚なんだね。
どれもこれも、こんな夜中なのに、
よだれが大量です。
しょっぱなのサラダからして、おいしそう。
Sayagataさんに、作ってもらうのが、
目下、私の夢です。
Posted by ぽんぽこ at 2006年09月27日 23:45
▽キャラメルさん

習い事って、この最初の一歩がちょびっと勇気要るんですよね。
でもきっと、通い始めたら楽しいですよ!

それにしても、ピエールエルメの講座なんてあるんですね
(゚д゚*)イスパハンも教えてくれるのかな。人気ありそう…。

そうそう、先生も影響大きいですよね。

でも大抵、習いたい!と思って入ること教室は後悔しない
ですよ。

私は、今は海外にいるからこそ(いつまでも居ないからこそ、
かな?)色々吸収したいなぁなんて思ってます。ぼちぼち、
マイペースで!
Posted by sayagata at 2006年10月02日 06:59
▽あかねさん

んまー(゚д゚*)イチジクのお吸い物ですか!!
あかねさんの視点はいつも刺激的です。(しかもタイムリー)

TB、ありがとうございます。

私は食べ物ネタばっかりですが、あかねさんのブログからは
海外にいらっしゃっても日本の美しさが伝わってきます。

なんていうか、「花火を見て、日本人でよかった!」と思う
瞬間と似てるかな(´▽`*)

凱旋門賞、ご覧になりましたか?
Posted by sayagata at 2006年10月02日 07:03
▽Soniaさん

こんばんは!パリにいらしていたんですね!
お料理教室は楽しかったですか(´▽`*)?

マンツーマンとはラッキー!ですね。心行くまで質問したり
先生の指導を一身に受けられますもんね!

ボルドーもいらしたとのことで、グルマンなご旅行だったのでは
ないでしょうか。ブログに更新されるのかなぁ。楽しみ。

レシピは、先生の著作のものなので公開できませんが、どうか
ご了承下さい。ごめんなさい。
Posted by sayagata at 2006年10月02日 07:06
▽ぽんぽこ。

楽しいことばっかりじゃないけど、何とか周りに助けられながら
がんばってるよ。

まだまだ作ってあげられるほど腕をあげてないけど、いつか帰国
したら一緒に作りたいね。
Posted by sayagata at 2006年10月02日 07:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

帰洛の悦び
Excerpt: 時折「どこでもドア」が普及した世の中を夢に描いたりする。日本が恋しくなったときである。両親の西海岸での大学時代は一週間かけて航海していたと聞いた。その頃に比べると確かに世界は小さくなったのだろうが、私..
Weblog: パリで、着物暮らし
Tracked: 2006-09-25 18:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。