2006年11月06日

SALON DU CHOCOLAT!

10月は目いっぱいで、更新が遅くなってごめんなさい(つд`)

さてさて、秋のパリは、展示会などの大型イベントが目白押し!

お仕事に関わってくるイベントはご紹介できず心苦しいのですが、今回個人的に
行って来ましたよ。

choco1.jpg

チョコレートの祭典、SALON DU CHOCOLAT!

ものすごいチョコホリックな訳ではないのですが、パリに住んでいて、これを押さえない
とモグリ(!)と言われ、それなら、一度参加してみるか!と足を伸ばしたのでした。

かなり混むらしいとの情報を得て、10時開場の30分前に入り口へ。

ところが。

「そろそろかなー」と中を覗き込みながら待っていると、10時になっても開く気配ゼロ。
それどころか、ノンキにコーヒーを飲み始め、談笑しているスタッフの姿がちらほら。

ちょ、ちょいと!10時開場でしょー(*`Д´)ノ
なにまったりコーヒー飲んでるのよー。

その後、10時15分になっても、30分になっても、45分になっても、全く扉が開く
様子がありません。

「いくらフランス人が時間に寛容(ルーズ?)だからって、これはヒドイよね」
「これが日本だったら大問題だよね」

一緒に行った知り合いとブツブツ。(チョコの試食のため、朝食抜き)

ちなみにこの日は悪天候。
さすがに私たちの周りのフランス人たちも愚痴り始めました。

「10時開場なんて、本当いい冗談だな」
「あと1時間寝てられたのに」
「まさか、サマータイムが終わっちゃったんじゃないの?アハハ」

不思議な連帯感が生まれ、私たちもつられて笑っているところで11時に。
やっとスタッフの方々がのらりくらりと動きだし、扉が開きました。

開場すると、先ほどとは打って変わって、みなさんチョコレートにまっしぐら。

choco2.jpg choco3.jpg

ひゃー(゚д゚*)
本当にチョコだらけ!

会場を回るだけで、血糖値が上がりそうです。

choco4.jpg choco5.jpg

なんと、チョコエステや、チョコの化粧品の販売までありました!

ちなみに右の写真は、チョコレートのお花やさん!

特にお目当てのチョコレートがあった訳ではないので、時折試食を織り交ぜながら
グルリと会場を一周。

choco6.jpg

すると、日本から出展、メリーチョコの「Mme.SETSUKO」のコーナーを発見!
去年のSALONでたいそうな賞を取られたとかで、とにかく黒山の人だかり。

日本で頂いたことがあったので、買うつもりも無かったのですが、抹茶やきなこなど
日本の食材を見ているだけで「久しぶりに和風チョコが食べたい…」と言う気持ちに
なってしまい、ついついお買い上げ。

その他、パッケージの配色に惹かれただけの理由で(ジャケ買い?)Marquise
de Sevigneのチョコレートと、他店で2種、チョコビールなるものを購入。

※チョコとビールは後日ご紹介しますね。

会場には、かの有名なテオブロマの土屋さんもいらしていました。

choco7.jpg

何故かKUSMI TEAも出展していたので覗いて見ると「The vert au Chocolat」、
つまりチョコレートフレーバー緑茶(!)が売られていて、ちょっとびっくり。

それはかなり強引な気が…。

choco8.jpg choco9.jpg

その他、チョコレートの洋服(といっても、実際は普通に布が使われていて、実際の
チョコレートは微々たるものでした)の展示も拝見。

マダムセツコは着物でした。着物に舞うちょうちょがチョコレート。


このサロンならでは!というものがあまり見つけられなくて残念でしたが、嬉しそうに
チョコレートを頬張る老若男女を見て、改めてフランスはチョコの国なんだなぁ、と
いうことと、出展元の国の多彩さに、チョコレートは国境を越えてるんだなぁと感じた
祭典でした(´▽`*)

ちなみにその夜、18時前にA子さんと待ち合わせがあったのですが、前の予定が
立て込んで30分以上の大遅刻。

「A、A子さん!ごめんね(>_<*)遅くなって!!!」

と着いて早々に平謝りすると、「え?何言ってんの?まだ待ち合わせ時間より早いよ」
とキョトン。

え(゚д゚*)?

そうなんです、実はこの日すでにサマータイムは終わっていたのに、全く気づいて
いなかった私。
(1時間早くなるので、今まで10時だったのが、9時になります)

この前のハンブルグ空港事件から、抜けすぎじゃない?私。

つまり今朝のSALON DU CHOCOLATで

「まさか、サマータイムが終わっちゃったんじゃないの?アハハ」

と冗談を飛ばしている方がいましたが、

本当にサマータイム終わってるから!

ということなのでした。

私たちは9時半についたつもりが8時半についており、10時開場なのにとやきもき
していた頃は、まだ9時台だったんですね。恥ずかし(*ノд`)

それにしても、今朝あの会場の入り口にいた人たちも(ざっと200人)、サマータイム
のこと、分かってなかったのでは…?

【ブログランキング】参加中!
さよなら、サマータイム…に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:15| パリ 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回もまたベタなボケをしちゃったのね。
日本もサマータイムありにしてほしいな。

それにしてもチョコの祭典、ステキ!!!
私もたくさんのチョコたちに囲まれたいよ★
チョコに埋もれたい〜〜〜

チョコのフレーバーティ興味あり!
実に想像しがたい。
別々でもいいのでは。
でも「予想guy」(←日本で話題のCM風)でおいしいかも!
「全米が泣いた!!!」っていう帯つきだったら買うかもね。
Posted by ゆん at 2006年11月06日 08:48
本場のサロンドショコラに行けるなんて素敵☆
伊勢丹ではフェルベールのジャムや ボワシエのペタルが印象的。
チョコレートの噴水見ると 鼻血出そうに嬉しいんです、私。。
Posted by キャラメル at 2006年11月06日 09:01
▽ゆん。

返信が遅くなってごめんね。(っていつも言ってるよね…)

サマータイムはね、元に戻る時は1時間ゆっくりできるけど、
最初は1時間損するからツライよー。

チョコのフレーバーは本当、想像できないよね。お砂糖でも
入れないと美味しくなさそうな。

でも予想GUYに美味しいかな。全米が泣いたかな。
「UDON」で泣いた私は、これでも泣ける気がするよ。
Posted by sayagata at 2006年11月14日 08:17
▽キャラメルさん。

んま!鼻血が出てしまうほどお好きなのですか!
では来年はぜひ、その時期にパリへご旅行を!!

フェルベールさんは何だか有名人になってしまいましたね。
こちらのフェルベールジャムのコーナーは日本人だらけです。

もう、フランス産のもので日本で買えないものはないんじゃ
ないか…と思いますがどうでしょう(-_-*)
Posted by sayagata at 2006年11月14日 08:20
水商売求人アルバイト情報サイト bright size life 祇園,キタ,ミナミ,西中島,十三,姫路,奈良,和歌山,滋賀など
Posted by 水商売求人アルバイトbsl at 2009年10月02日 02:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。