2006年11月14日

陶芸教室。

9月から通っている、陶芸教室。

10月は、私と先生の都合が見事に合わず1ヶ月丸まるお休みで、予定より大幅に
遅れましたが、取り掛かっていた二つの作品?がやっと出来上がりました。

cera1.jpg

1号!ひゃー(>_<*)恥ずかしい!

完全な手びねりなので、本当にいびつで、厚さもバラバラ、不細工なのですが、
このポテッと感が自分を見ているようで、放って置けません(笑)

cera2.jpg

一応、茶道のお稽古用お茶碗を目指したので、口に当たる部分は気を使いました。

色は、私が好きな青系統、ただし抹茶の色が映える色にしたくて、色々悩んだ結果
こういう仕上がりに。

cera3.jpg

い、一応、茶溜まりとか作っておきました(>_<*)うひひ。

cera4.jpg

で、こちらも、本当はお茶碗にする予定が、形を整えているうちにごはん茶碗に
なってしまった作品。2号です。

cera5.jpg

なんとも“見立て”が難しい釉薬の散らばり具合になってしまいました。

途中から、これごはん茶碗だな、と思っていたので、白いごはんが映える色で。
釉薬の厚さが難しかったのですが、ひとまず、温かみのある色になって良かった。


陶芸は全くのド素人ですが、釉薬を掛けるって難しいんですねぇ。緊張の連続で
その日はグッタリしてしまいましたよ。

でも、土を触っていると頭が空っぽになってすごくリフレッシュ。精神のバランスを
保つ上でもとてもいい気がします。軽い気持ちで始めたお稽古ですが、いまや生活
の一部に。

のんびり楽しみながら、続けていこうと思います。

【ブログランキング】参加中!
釉薬でグッタリ…に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:51| パリ ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
いつも★パリ発ブログ★楽しみにしています!

私も陶芸習っていました
事情があってしばらく中断しますが・・
とっても素敵な仕上がりですね〜♪
きっといい先生とめぐり合ったんですね
陶芸は趣味の合ういい先生との出会いが重要かも・・
これからも作品のUP楽しみにしてます
Posted by sio at 2006年11月14日 16:31
まあ素敵なお茶碗たちじゃないですか!
フレンチ陶芸ってどんな感じなのかと興味深々だったのですが
素敵な仕上がりですよ〜。(^^)

妙薬のかけ方って難しそう。
<栗饅頭>を作るととき仕上げに卵黄を塗るのですが
ちょっとでもムラになったり刷毛目がのこったりすると
そのまま出来上がってしまうので商品になりません。
(↑只今、修行中…。難しい…。)
一見、簡単で地味なんだけど凄く気合いの入る作業です。
最後にする一番重要な仕上げ作業ですよね。
Posted by 和菓子屋のムスメ at 2006年11月14日 21:25
お土産で素朴なリモージュ焼きを貰ったことがあるんですが、こちらは日本の陶器と変わりませんね。いずれ絵付けもなさるんでしょうか。自作の器で茶道なんてすてきですね。
ダリ展、エコールド・パリ 東京もたのしい美術展がありますが、一度はフランス本場の陶芸展、美術館もおとづれたいな♪
Posted by at 2006年11月15日 06:21
素敵じゃない、お茶碗1号!今度実物を見せていただきたいです。私も習いたくなってきた…昔からやりたかったんだ。同じところに行こうかな♪
Posted by Ayako at 2006年11月15日 06:41
『陶は人なり!』いいんじゃないですか〜
sayagataさんの優しい人柄が表れていると
思いますよ〜(^^)。



Posted by yuji at 2006年11月15日 10:00
素人なので作品の善し悪しはわからないけど、でも素敵!こんな茶碗で抹茶飲んだり、白米食べたりしてみたいな。

個人的に洋食器より、こういった和食器の方が好きで、昔から陶芸をやりたいと思いつつ、まだ実現しておらず。現在通われている料理教室も楽しそうだし、パリ生活楽しんでますねー。
Posted by cc-rist at 2006年11月15日 16:28
おぉ〜!!  私好みの器やないですかぁ〜
リモージュにも、負けてないですよ!

最近、茶を点てて一服することに、ハマってます。
もちろん、我流ですが。(笑)
Posted by 太陽の塔 at 2006年11月15日 18:21
すごく上手!

先生(←お茶の)によれば、良いお茶碗は手への収まりが
いいとの事で、拝見の際には“しっくりくるお茶碗ですね”
という評価が良いようです(^o^)

まさにそのようなお茶碗とお見受けしました。

sayagataさんのきれいなタナゴコロに収まった
画像も見たかったです。
(*_*)自分で撮影してたら、両手を使うのは無理ですワナ!


Posted by shokuyoku28 at 2006年11月15日 22:42

あ! わたし二つ目のが好きです!

Posted by scheherazade at 2006年11月16日 01:49
どちらも素敵ですね〜
自分で作った器だと、より美味しくいただけそう♪
美味しいお茶が飲みた〜い><
Posted by 一純 at 2006年11月18日 15:19
sayagataさん、上手ですよ!!生地が薄いですもん。
私も以前どこぞやで習いましたが、生地がいつも分厚くなってしまい、ヘンテコリンな食器がいくつも焼きあがりました。でも素人なのでそこが良いのだ!と開き直ったりもしました(笑)。2番目の作品なんてちょっと萩焼入ってません!?
Posted by tkouzan at 2006年11月19日 18:37
二つとも可愛い茶碗ですね!(しかも私の好みの色です)
私も陶芸をしてみたくて教室を検索中でしたが、sayagataさんは
すでに通っていたんだ。パリに居ながら日本を満喫って感じですね〜!
Posted by 彩絵 at 2006年12月05日 17:43
ご無沙汰しております。
自分のブログ放置していて、コメントいただいたのに
お返事できずに失礼いたしました。
元気に生きています。
変わらず、充実した生活を送っていらっしゃるご様子。
羨ましいです。
上の器、色合いが淡くてとっても好み。素敵です!
以前はシンプルでモダンな器が好きでしたが、だんだん
味のあるものが好きになってきました。お料理を盛っても、
美味しそうに見えるんですよね。
Posted by cicerone at 2006年12月08日 13:40
おはようございます。
ご無沙汰していますが
お元気ですか?

ヨーロッパ支部無事立ち上げ、おめでとうございます。
そしてご苦労様です。

ここ宮崎では、東国原(そのまんま東)知事誕生や鳥インフルエンザ問題で毎日のようにTV流れています。こんなに宮崎が注目されたことって今まであるでしょうか?
今日からプロ野球ソフトバンクホークスの選手が宮崎入り。順次読売ジャイアンツ、西部ライオンズ、Jリーグの各チームがキャンプイン。
今度はさらにそちらの話題でも賑わいそうです。

陶芸もされるのですね。どちらも手作り感があって素敵ですよ。
私も陶芸あこがれています。一度やってみたいですね。
Posted by 日本茶屋の旦那 at 2007年01月31日 10:00
初めまして!ブログ、時々チェックしてましたが初コメントです。器、超かわいい!パリではこんなこともできるんですね。お茶飲んでも、ほかの事に使っても可愛いはず!

sayagataさんはお茶売ってるんですか?あたしも買えるのでしょうか?
Posted by ariari at 2007年02月28日 22:19
復活してください(>_<)
楽しみに待ってます(^0^)/
Posted by keisayu at 2007年03月12日 18:22
初めまして、こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいております。実は私、翻訳の仕事をしている者で、先日「イギリスのティータイム」に関する本が完成しました(URL参照)。実は、最初このページにたどりついたのは偶然でした。このテーマにご関心がありそうなので、お買い上げいただけたらと思いお知らせしています。お茶・お菓子がたくさん載っていて楽しく、気にいっていただけそうだと思いました。よろしければどうぞ、本棚に加えてやってください。茶器のことも載ってるし、私は益子焼の益子町在住です(窯元ではありませんけどね)。
Posted by Rooly at 2008年12月22日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。