2006年11月14日

陶芸教室。

9月から通っている、陶芸教室。

10月は、私と先生の都合が見事に合わず1ヶ月丸まるお休みで、予定より大幅に
遅れましたが、取り掛かっていた二つの作品?がやっと出来上がりました。

cera1.jpg

1号!ひゃー(>_<*)恥ずかしい!

完全な手びねりなので、本当にいびつで、厚さもバラバラ、不細工なのですが、
このポテッと感が自分を見ているようで、放って置けません(笑)

cera2.jpg

一応、茶道のお稽古用お茶碗を目指したので、口に当たる部分は気を使いました。

色は、私が好きな青系統、ただし抹茶の色が映える色にしたくて、色々悩んだ結果
こういう仕上がりに。

cera3.jpg

い、一応、茶溜まりとか作っておきました(>_<*)うひひ。

cera4.jpg

で、こちらも、本当はお茶碗にする予定が、形を整えているうちにごはん茶碗に
なってしまった作品。2号です。

cera5.jpg

なんとも“見立て”が難しい釉薬の散らばり具合になってしまいました。

途中から、これごはん茶碗だな、と思っていたので、白いごはんが映える色で。
釉薬の厚さが難しかったのですが、ひとまず、温かみのある色になって良かった。


陶芸は全くのド素人ですが、釉薬を掛けるって難しいんですねぇ。緊張の連続で
その日はグッタリしてしまいましたよ。

でも、土を触っていると頭が空っぽになってすごくリフレッシュ。精神のバランスを
保つ上でもとてもいい気がします。軽い気持ちで始めたお稽古ですが、いまや生活
の一部に。

のんびり楽しみながら、続けていこうと思います。

【ブログランキング】参加中!
釉薬でグッタリ…に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:51| パリ ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

SALON DU CHOCOLAT!

10月は目いっぱいで、更新が遅くなってごめんなさい(つд`)

さてさて、秋のパリは、展示会などの大型イベントが目白押し!

お仕事に関わってくるイベントはご紹介できず心苦しいのですが、今回個人的に
行って来ましたよ。

choco1.jpg

チョコレートの祭典、SALON DU CHOCOLAT!

ものすごいチョコホリックな訳ではないのですが、パリに住んでいて、これを押さえない
とモグリ(!)と言われ、それなら、一度参加してみるか!と足を伸ばしたのでした。

かなり混むらしいとの情報を得て、10時開場の30分前に入り口へ。

ところが。

「そろそろかなー」と中を覗き込みながら待っていると、10時になっても開く気配ゼロ。
それどころか、ノンキにコーヒーを飲み始め、談笑しているスタッフの姿がちらほら。

ちょ、ちょいと!10時開場でしょー(*`Д´)ノ
なにまったりコーヒー飲んでるのよー。

その後、10時15分になっても、30分になっても、45分になっても、全く扉が開く
様子がありません。

「いくらフランス人が時間に寛容(ルーズ?)だからって、これはヒドイよね」
「これが日本だったら大問題だよね」

一緒に行った知り合いとブツブツ。(チョコの試食のため、朝食抜き)

ちなみにこの日は悪天候。
さすがに私たちの周りのフランス人たちも愚痴り始めました。

「10時開場なんて、本当いい冗談だな」
「あと1時間寝てられたのに」
「まさか、サマータイムが終わっちゃったんじゃないの?アハハ」

不思議な連帯感が生まれ、私たちもつられて笑っているところで11時に。
やっとスタッフの方々がのらりくらりと動きだし、扉が開きました。

開場すると、先ほどとは打って変わって、みなさんチョコレートにまっしぐら。

choco2.jpg choco3.jpg

ひゃー(゚д゚*)
本当にチョコだらけ!

会場を回るだけで、血糖値が上がりそうです。

choco4.jpg choco5.jpg

なんと、チョコエステや、チョコの化粧品の販売までありました!

ちなみに右の写真は、チョコレートのお花やさん!

特にお目当てのチョコレートがあった訳ではないので、時折試食を織り交ぜながら
グルリと会場を一周。

choco6.jpg

すると、日本から出展、メリーチョコの「Mme.SETSUKO」のコーナーを発見!
去年のSALONでたいそうな賞を取られたとかで、とにかく黒山の人だかり。

日本で頂いたことがあったので、買うつもりも無かったのですが、抹茶やきなこなど
日本の食材を見ているだけで「久しぶりに和風チョコが食べたい…」と言う気持ちに
なってしまい、ついついお買い上げ。

その他、パッケージの配色に惹かれただけの理由で(ジャケ買い?)Marquise
de Sevigneのチョコレートと、他店で2種、チョコビールなるものを購入。

※チョコとビールは後日ご紹介しますね。

会場には、かの有名なテオブロマの土屋さんもいらしていました。

choco7.jpg

何故かKUSMI TEAも出展していたので覗いて見ると「The vert au Chocolat」、
つまりチョコレートフレーバー緑茶(!)が売られていて、ちょっとびっくり。

それはかなり強引な気が…。

choco8.jpg choco9.jpg

その他、チョコレートの洋服(といっても、実際は普通に布が使われていて、実際の
チョコレートは微々たるものでした)の展示も拝見。

マダムセツコは着物でした。着物に舞うちょうちょがチョコレート。


このサロンならでは!というものがあまり見つけられなくて残念でしたが、嬉しそうに
チョコレートを頬張る老若男女を見て、改めてフランスはチョコの国なんだなぁ、と
いうことと、出展元の国の多彩さに、チョコレートは国境を越えてるんだなぁと感じた
祭典でした(´▽`*)

ちなみにその夜、18時前にA子さんと待ち合わせがあったのですが、前の予定が
立て込んで30分以上の大遅刻。

「A、A子さん!ごめんね(>_<*)遅くなって!!!」

と着いて早々に平謝りすると、「え?何言ってんの?まだ待ち合わせ時間より早いよ」
とキョトン。

え(゚д゚*)?

そうなんです、実はこの日すでにサマータイムは終わっていたのに、全く気づいて
いなかった私。
(1時間早くなるので、今まで10時だったのが、9時になります)

この前のハンブルグ空港事件から、抜けすぎじゃない?私。

つまり今朝のSALON DU CHOCOLATで

「まさか、サマータイムが終わっちゃったんじゃないの?アハハ」

と冗談を飛ばしている方がいましたが、

本当にサマータイム終わってるから!

ということなのでした。

私たちは9時半についたつもりが8時半についており、10時開場なのにとやきもき
していた頃は、まだ9時台だったんですね。恥ずかし(*ノд`)

それにしても、今朝あの会場の入り口にいた人たちも(ざっと200人)、サマータイム
のこと、分かってなかったのでは…?

【ブログランキング】参加中!
さよなら、サマータイム…に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:15| パリ 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

デニッシュ!

200610260108000.jpg

一応、デニッシュパンを押さえておく(-_-*)

日本で食べるコンビニの菓子パンみたいな
ちょっとチープな感じがどこか懐かしい。
posted by sayagata at 01:12| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北欧の夕陽。

200610260047000.jpg

これからドイツに戻ります。

北欧は日差しが暖かかった(´▽`*)
夕陽がキレイでしばし見とれました。
posted by sayagata at 00:50| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

デンマーク入り!

200610250007000.jpg

1日だけデンマーク滞在。

何だか可愛い、KRONER通貨(´▽`*)
posted by sayagata at 00:48| パリ ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

ドイツevian !

200610240505000.jpg

寸胴なテトラ入りevian!
実物初めて見ました(´▽`*)

かわいい上に、蓋を閉める時の
パキパキパキという音がかなりヤミツキ。
posted by sayagata at 05:09| パリ ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

ちなみに。

200610221851000.jpg

投函口は横にあります(´▽`*)
posted by sayagata at 19:11| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ的ポスト。

200610221851001.jpg

じゃあ、ポストはさぞや可愛いんじゃないの?

と期待しましたが…あれ?意外と地味なのネ(-_-*)
posted by sayagata at 19:08| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ的公衆電話!

200610221904000.jpg

んま!公衆電話も可愛い!
posted by sayagata at 19:05| パリ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツ出張中。

200610221805000.jpg

グーテンモルゲンなドイツはハンブルグに
来ております。

とにかく街が美しい!人が暖かい!
同じヨーロッパでも、こうも違うものか(-_-*)

ごみ箱が可愛かったのでパチリ!
posted by sayagata at 18:10| パリ ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

バトン2本。

すいません、受け取っていたバトンをずっと止めておりました(-_-*)

-------------------------------------------------------------------------------
A子さん、ゆも、その他数名から頂戴した【お酒バトン】!
-------------------------------------------------------------------------------

■Q1、酔うと基本的にどうなりますか?

饒舌になり、自虐キャラ暴走。

■Q2、酔っ払った時の、最悪の失敗談はなんですか?

酔っ払っても、介抱してもらえるタイプの子ではないため(泣いてない)、昔から
飲める量を心得ており(!)、あまり派手な失敗はないです。

一番しんどかったのは、貧血かな。池袋で1回、目白で1回、新宿で1回。

■Q3、その時はどの位飲みましたか?

体調が悪かっただけなので、量的にはビール2〜3杯、日本酒1合くらい。

■Q4、最悪の二日酔いはどんな感じでしたか?

大学時代、体育会系ラクロス部の合宿で、私以外の新入社員が全員下戸という
恐ろしい事態が発覚。新人の人数分、私一人で飲まされた時の翌日(しかも朝練)
は、頭痛とかそういうレベルではありませんでした。

なんかもう、いっそ別の生き物になってしまいたかった(-_-*)

■Q5、酔っ払って迷惑を掛けた人にこの場で謝りましょう。

ゆも、貧血の時に介抱してくれて、ありがとう(つд`)
あと、迎えに来てくれたお父さん。ありがとう。

一緒に飲んで下さる、飲んで下さったみなさん、ありがとう。

■Q6、今、冷蔵庫に入ってるお酒は?

・1664 ←フランスでポピュラーなビール
・ハイネケン
・チョーヤ梅酒
・料理用ジンロ

あとは日本酒とワインなので、冷蔵庫に入っていません。

■Q7、好きな銘柄は?

日本酒の「黒龍」、焼酎「黒霧島」、梅酒なら「雑賀梅酒」、ビールはYEBISU。

ワインは勉強中です(>_<*)

■Q8、最近、最後に飲んだお店は?

この前、匿名Yと一緒に行った、ODEONの小さなバーです。
コロナ飲みました。

■Q9、よく飲む、思い入れのあるお酒5品は?

Q7と被りますが、黒龍は大切な人との思い出がいっぱいです。

特定の銘柄というより、この梅酒は誰それにもらったなぁ、とか、このワインは誰
それと飲んだなぁ、この銘柄は誰それの好きなお酒だなぁという思い出が多いかな?

■Q10、バトンのジョッキを渡すヒト、5人は?

もう大分回っているようなので、ここで一旦ストップします。
希望の方がいらしたら、遠慮なく拾っていらして下さいね。


-------------------------------------------------------------------------------
いっしーさんから頂いた【あのこの事もっと知りたいバトン】!
-------------------------------------------------------------------------------

■1、回す人を最初に書いておく。

おっと(゚д゚*)では…

・エキセントリックA子さん(mixi内)
食べもの中心。パリ生活。のFARAFELさん
パリで、着物暮らしのあかねさん

もしお気づきになりましたら、受け取ってやって下さい。
もちろん、ブログの趣旨に沿わなかったら、スルーして下さい(>_<*)

■2、お名前は?

Sayagataと申します。

■3、おいくつですか?

29歳になりました。

■4、ご職業は?

日本茶系商社(でいいのかな)。

■5、ご趣味は?

美味しいお茶を飲むこと。
和菓子を作ること、頂くこと。

そして、喫茶のある空間を友人や大切な人と共有すること。

■6、好きな異性のタイプは?

っかー(>_<*)来てしまいましたね、これ。
喫茶ぶろぐで避けて来た異性の話題。

好きなタイプ=好きになった人がタイプなので一概に言えませんが、感情が安定
した人、というのが共通している気がします。

それと、私にとって「食」が大切なものなので、一緒に食を楽しめる人かな。
旬の野菜、旬の魚を自然と心得ていて、上手に楽しめる人なんて、かなりステキ♪

それと基本的に、少し無口くらいの人が好き。
でも時々言う言葉がすごく優しかったり暖かかったりする人はツボです。

それと、偏差値ではない頭の良さ(スマートさ?)を感じさせる人、聞き上手、
人に信頼される人。

外見は、好きになったらその人の外見がタイプですが、どうも和風な顔つき(目が
細いとか)、あるいは和服が似合う人には弱いです(*-_-)

…明らかに書きすぎですね。

■7、特技は?

うふふ。

指を5本そろえた状態で、中指と薬指の間を、78度開くことができます!
未だに、私より開く人見たことない!

気持ち悪い、といわれるので、写真小さくしてます。
物好きな方はクリックどうぞ。

te1.jpg te2.jpg

■8、資格、何か持ってますか?

好きなことは、ついつい追ってしまうタイプなので、気づいたら色々資格を取得
していました(;´д`)ゞ

・日本茶インストラクター
・和菓子講師
・伝統意匠デザイン検定
・江戸ソバリエ

■9、悩みが何かありますか?

それはもう、山ほどありますよ(つд`)

今ツライのは、3年後のビジョンが描ききれて居ないことかな。
そこがハッキリすれば、色々乗り越えられると思うのですが…。

あと、この歳で身長が伸びるのは嬉しいですが、体重が…。痩せなきゃ。

■10、お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は?

お茶や和菓子以外で特に好きなのは、大豆系(豆乳、豆腐)、茄子、麻婆春雨、
やわらぎ。

苦手なのは、肉の脂身、グリーンピース、キクラゲ。

■11、好きな人はいますか?

沢山いますよ(´▽`*)

特に、私の人生を大きく、いい方向に導いてくれた方々、人生の浮き沈みでツライ
時に力になってくれた方々、本当にありがとう。

■12、貴方が愛する人へ一言

11と被ってますね(;´д`)ゞフライング?

今はフランス人の友人にも救われているのでMerci beaucoup!

■13、回す6人を指名すると同時に、その人の他者紹介を簡単にお願いします。

すみません、3名で止めます。

・A子さん:私のパリでの良き理解者。淡々としてるのに暖かい人。そして
性格が本当にかわいい。

・Farafelさん:憧れの方。しかも謙虚で研究熱心。彼女のブログから教わることは
数知れず。いつか美味しいレストランにご一緒したい!

・あかねさん:同じく憧れの方。着物の後姿が美しすぎ。博識でいらっしゃるのに、
決してひけらかさないところも魅力です。


以上、私事でお粗末様でした!

【ブログランキング】参加中!
バトンに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:27| パリ | Comment(6) | TrackBack(2) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

絵画展示会へ。

昔、フランスに住んでいたころからお世話になり、15年後に渡仏し、再会した今も
本当にお世話になっているFご夫妻。

ご主人様が絵描きさんで、この度パリのセーヌ川の間にあるサンルイ島にある
画廊で個展を開催。

パーティーのご招待状をいただき、お祝いと、作品を拝見しにお邪魔して参りました。

fu.jpg

ワイン片手に、1枚1枚ゆっくりと拝見しました。
ここ数年のFさんの絵は、夜景が中心なのだそう。

全体的に寒色系の色の割合が多いのですが、光がすごく柔らかく描かれている
のでどれも暖かい印象のものばかり。

そして、フランス人に「これがまさにパリの夜景よ!」と言わせる描画力。

個展には、沢山の方が訪れていて、Fご夫妻が本当に嬉しそうにしているので、
こちらも笑顔になってしまいます(^-^*)

大成功のご様子で、本当に良かった!
どれも、Fさんの穏やかなお人柄を伺わせる、優しい絵ばかりでした。


ところで、個展初日着でお祝いのお花を注文していたのですが、この日(開催3日目)
会場には私が注文したらしきお花が無い…(゚д゚*)

も、もしかして到着していないのかな?と不安になって奥様にお伺いすると「あぁ、
これSちゃんが送ってくれたの(´▽`*)ありがとう!」と差し出してくれた、小さな
ピンク色のブーケ。

Σ( ̄□ ̄;)

ちゅ、注文していたものと全然違う…(つд`)

夜景の絵画が多いので、会場の雰囲気を壊さないよう紫系統のお花でお願いして
いた上に、写真ではもっとボリュームのあるフラワーアレンジだったし、一緒に
ついているはずのカゴや装飾がない!

しかも!

差出人とメッセージカードが付いていない!
(これ致命的!)

Fご夫妻は、出荷元にも連絡して、差出人を調べたそうですが、無記名の注文だ!
と逆ギレされたそうで…な、なにぃぃ!

無記名でネット注文なんかできるかっての(*`Д´)ノ=3

こういうお祝いのお花は、気持ちよく送りたかったのにな。
やっぱりフランスっていい加減な国だな…と、少し凹みかけましたが、Fご夫妻の
笑顔に免じて、今日は大目に見ようかな(*-_-)

【ブログランキング】参加中!
夜景に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:45| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ODEON座で観劇。

いつも、パリの楽しみ方を教えてくれる匿名Y。
誕生日のお祝いに、ODEON座の観劇へ招待してくれました(´▽`*)

od1.jpg

フランスの代表劇場とも言えるオデオン座。
今年の4月に改装を終えたばかりで、ピカピカです☆

od2.jpg

開演前から、老若男女で人だかり。
入場すると、すぐに満席でした。

こんな時、観劇はフランスの大衆文化なんだな、と感じます(´▽`*)

それにしても、温かみがあってキレイな室内だな♪

od4.jpg

こちらが正面の舞台!

左手にある椅子とテーブル、舞台の演出道具です。
緞帳が上がるのかと思っていたので、ちょっとびっくり(゚д゚*)

(結局、舞台の途中で、緞帳があがりました)

od3.jpg

Yが取ってくれていた席は、なんと歌舞伎で言う桟敷席!
2人の席ずつ、仕切りがついて個室風になっています。

なんて贅沢!Y、ありがとう(つд`)

演目は、ハイナ・ミュラーの「Quartett」。

ラクローの「危険な関係」が原作の、2人の男女が織り成す関係が深く、濃く、
描かれたもの。

フランス革命の頃の話、と聞いていたのですが、演出家Robert WILSON氏の手に
掛かって、音や光、役者の動き、台詞の言い回し、全てにおいて何とも斬新でモダン!

Sayagata、最初から最後まで、圧倒されっぱなし(゚д゚ノ)ノ

不協和で抽象的なのですが、観るものに迫る描写、ゴテゴテしているようなのに
全体的にスマートな印象。

演劇なんて数えるほどしか見たことのない私ですが、かなり衝撃を受けました。
難しい内容ですが、(私の仏語能力で)深く理解できない分、返って先入観なく
楽しむことができたかな。

終わってみると、役者の服装が、それぞれのキャラクターにぴったりの色だったなぁ、
とか、シーンの合間や強調される瞬間に使われる効果音が、歌舞伎の拍子木の音
にそっくりだったなぁ、影響を受けたのかな、などとジワジワ、また違った余韻が訪れ、
うまく表現できませんが、蜜とスパイスがよ〜く効いた、不思議なお料理をいただいた
ような気分。

od5.jpg od6.jpg
od7.jpg

観劇後に取った会場。
ところどころに、歴代の劇作家の名前が書かれています。

天井の絵画もどこかモダンで、ちょっと意外でした。
椅子だけでも絵になりますね。

od8.jpg

帰り道、オデオン座のすぐ横に、キレイなお月様が。(ブレてるけど)

この後、カフェでビールを飲みながら今日見た劇について意見を交わす、という
典型的なフレンチスタイルを満喫して、帰宅したのでした。

すごく面白かった。忘れられない経験になりました。
Y、本当にどうもありがとう。

【ブログランキング】参加中!
オデオン座に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 05:15| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

新しい習い事!

パリに来て半年ほど経った頃。

生活リズムも落ち着いて来たし、習い事を増やそうかな、と思っていたところ、
週末に習える、初心者向けの陶芸教室があることを知りました。

美術・芸術関係はド素人で、めっぽう弱いのですが、本業のお茶とは違う世界に
触れて頭をからっぽにできる時間がほしかったし、単純に楽しそう!と早速申し込み。

9月スタートで、昨日が初日でした。

cer1.jpg

私の中途半端なフランス語で、新しいことを教わるなんてできるかな…と不安も
いっぱいでしたが、行ってみて、そんな不安は一瞬で吹き飛んでしまいました。

優しさが全身からあふれるような、にこにこ、チャーミングな先生。
アトリエの奥にある小さな部屋で、のんびりとした教室(´▽`*)

しかも生徒は少人数と聞いていたけれど、今回は申し込みが私だけ、とのことで
贅沢なマンツーマン!

本当に1から、のんびりとレッスンを開始しました。

ひんやり心地いい土を触っていると、本当に頭がからっぽになって、思った以上に
リフレッシュ&リラックス効果。時間が経つのがあっという間!

クールは3ヶ月。目標は、お茶碗など、茶道の茶器を作ること。

来週のお稽古が待ち遠しいです。

【ブログランキング】参加中!
陶芸教室に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 02:44| パリ ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

一時帰国記・グルメ編2。

グルメ編の続きです。

滞在中、家族で行ったスペイン料理「La campana(ラ・カンパーナ)」。

jp3.jpg

そこで頂いた、イベリコハムのつやっぷり!
(サラミもチョリソーもイベリコ豚です)

どんぐりを食べて成長させている最高級(ベジョータ)の豚だそうで、わ、本当だ!
ほのかにどんぐりの香りがする!

しかも甘みもあって、噛むほど旨みがトロリ。

美味し〜(*´▽`)♪
身長伸びそ〜(違)。

忘れられない味となりました。

ところで、そのお店には、かっこいいソムリエさんが。

フランスにいながらワインど素人な私は、「そうだ!あのお兄さんに、ワインの入門
方法を聞いてみよう」と、お店を後にする寸前に尋ねてみたのです。すると…

「そうですね、まずは、自分の行き着けにできる“いい酒屋”を見つけることです」

とのこと。

そこで、自分の好みなどをじっくり話し合って、プロに選んでもらいながら慣れて
いくのがいいですよ、とアドバイスして下さいました。

ほほー!
それは、分かっていたようで実践していなかったナイスアイディア(゚д゚*)!

「なるほど!“いい酒屋さん”ですね」と相槌を打とうとして、口から出てきた言葉は

「なるほど!“いい魚屋さん”ですね」

Σ( ̄□ ̄;) しまった!魚屋じゃないっつーの。酒屋だっつーの。

その瞬間、なんかもう、消えて無くなってしまいたくなりました(-_-*)
BGMは「かわいい魚屋さん」で。


それから、私の記憶に強烈に残ったお店をもう一軒。

私のお茶や和菓子仲間の人たちが大勢集まって企画してくれたお食事会の会場。
その名も「NINJA」。

店員さんは全員忍者、お客は全員「姫」と呼ばれ、入店してから席に着くまでに
“忍者修行”をしなくてはいけなかったり、店内には…

nj.jpg

狐のお面をかけた怪しいお客が座っていたり(゚д゚*)!
(ブレててスミマセン。私のデジカメ、暗いところではブレやすいみたいです)

とにかく、ミステリアスで面白い!
そんなお店ですから、飲み物やお料理にも沢山工夫が凝らされていました。

nj1.jpg nj2.jpg

左は、スズメの巣入りカクテル、左は金魚鉢に入った、唐辛子入り焼酎。
(クリックで拡大できます)

前菜では、冷奴と見せかけて、オマール海老が入ったブランマンジェの
「奇想変身 オマール海老の冷奴」や

nj3.jpg nj4.jpg

写真の色が変になってしまったのですが、左がサクサクの
「イカ墨の手裏剣グリッシーニ フォアグラテリーヌ添え」。

右は、ものすごく美味しかった「鰻ロール名残雪チーズクリーム巻き」。

和食にミントソースなんて!と思ったのに、不思議とバランスが取れているのです。
面白いなぁ。チーズクリーム巻きだけでもマスターしたい!

nj5.jpg nj6.jpg

目の前で仕上げてくれる名物「灼熱投石鍋 葉隠之術(和風ブイヤベース)」。

そして、NINJA寿司の盛り合わせ。
卵にトリュフが隠れていたり、ネタがトマトだったり。かなりドキドキの連続。

どこまでも飽きずにお料理が進み、最後はデザート。
どんなデザートなのか、期待が膨らみます(´▽`*)

nj7.jpg nj8.jpg
nj9.jpg nj10.jpg

見た目だけでも十分楽しめるデザートたち。
(クリックで拡大できます)←ひつこい?

それぞれ名前は覚え切れなかったのですが(HPに載ってなかった…)パイ生地を
枝に見立てた盆栽には、細かくしたクラム生地に埋まっている抹茶アイスが。

かわいいカエルはチーズケーキ(足がポイント!)、スイカの飴細工付きのものは
ずばりスイカのお味、右下は黒豆がメープル風味に煮込まれたもの。

みんなで少しずつ頂きましたが、見た目のユニークさに劣らず、どれも美味しい
デザートばかりでした。

手品もあったりして(上の狐のお面のお兄さん、実は手品師さん)、とにかく
エンターテイメント性の高い、すごく楽しいお店でした♪

お店を出てからの嬉しいサプライズも見逃さないで下さいネ(´▽`*)

Mさん、幹事さんお疲れ様でした!

参加して下さったみなさん、心温まるプレゼントを頂いたり、ご馳走になったり
至れり尽くせり、本当にありがとう!

…続く…

La campana

文京区小石川5-10-18ビスタ竹早1F
TEL:03-5840-7721

NINJA

千代田区永田町2-14-3 赤坂東急プラザ1F
TEL:03-5157-3936

NYにもお店があるそうです!

【ブログランキング】参加中!
お魚屋さんに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 03:58| パリ | Comment(6) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一時帰国記・グルメ編。

2週間ばかり、日本に一時帰国して参りました。

お仕事3分の1、プライベート3分の2、くらいになる予定でしたが、結局半分くらい
お仕事モードだったかな。でも、やっぱり楽しかったです。

それはさておき、日本到着翌日に「やっぱり健康第一」と受けに行った人間ドック。
そこで衝撃の真実が(゚д゚*)!

なんと!

身長が伸び続けている!!!

体重も伸びてるけど!!!

社会人1年目の頃は163.8cm、昨年の健康診断では164.8cm、そして今回…

165.5cm〜(゚д゚*)!!

こ、このペースで行けば、憧れの170cmも夢ではないかも!!!

母曰く「足の裏に肉がついただけ」という、ちょっと説得力のある話は聞かなかった
ことにして、富永愛2世目指して精進します。

(というか、一生伸び続けたらどうしよう)

さて、日本滞在中に、色々美味しいものを頂きました(´▽`*)

jp1.jpg

一番仲良しだった同僚Yと、その旦那様、そして仕事面でもお世話になったT課長と
(そう、二人は社内結婚♪)ご一緒させていただいた、ダッタン蕎麦!

すごくいい香り。喉越し抜群。ほのかに苦みがあって、美味しかった!

手打ち、しかもダッタン蕎麦となるとフランスでは滅多に食べられないので、もはや
半泣き状態で噛み締めました。

ちなみに場所は、池袋東武「たつみ」。T課長と仕事の合間にお蕎麦を食べた、
私にとっては当時を思い出す懐かしい場所です(´▽`*)

jp2.jpg

それから、福岡出張の際に利用した羽田空港で見つけた「よーじやカフェ」!
しかも開店初日!

まさか出会えると思ってなかった、かの有名なカプチーノを頂くことができました。

…いや、至って普通のカプチーノですが、やっぱりこのインパクトはすごい(*´д`)
混ぜてしまうのがためらわれました。

よーじやのお姉さんマークを知らない方は、びっくりするだろうなぁ。

jp4.jpg

カフェつながりでもうひとつ。

滞在中、期せずして2回も立ち寄る機会に恵まれた表参道ヒルズ。

ヒルズ自体は、意見を言えるほど隅々まで見ていませんが、良くも悪くも、商業施設
だなぁ、という感じ(-_-*)

写真はエントランス近くの「表参道茶寮」で頂いたウィンナーココア。

多分もう来ることはないだろう、と1000円奮発してみました(´▽`;)
TORAYA CAFEに行くべきだったかな。行くべきだったな。

jp5.jpg

それから、築地の丸山海苔店のお茶屋さん「寿月堂」で頂いたセット。

コクがあり、いつまでも香りの残る煎茶の美味しさもさることながら、添えられた
抹茶アイスの美味しいこと!

ハーゲンダッツもびっくり?
今まで頂いた抹茶アイスで一番美味しかった気がします。

店内は、居心地がよく、快活な店員さんの姿にお茶以上の癒しをもらえます(´▽`*)

jp6.jpg

なんか、カロリー高いものばっかり続いていて、見ていてゾッとしますが、もちろん
他の部分でサラダ食べたり、控えてたんですよ!いや、本当に!(必死)

最後にこのショートケーキは、大学時代の友人Kの自宅に、ベビーを見に行った時
にご馳走になったもの。お手製のチャイもいただきました。

フランスって、意外なことにショートケーキ無いんですよね。
(食べられる日系のお店はありますが)

だから、素直に嬉しかったな。Yくんも最高に可愛かった♪♪


んー、これだけ食べて、また背が伸びそうな気がしてきた(´▽`*)!

…続く…

【ブログランキング】参加中!
帰国グルメに【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 02:15| パリ | Comment(8) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

T夫妻ご来仏記・その2。

Tご夫妻滞在中に、便乗させて頂いた「ルマン1泊旅行」。

サッカー好きのお二人が熱望されていた(というか、これがメイン?)、観戦が目的。

巻かっこいー(>_<*)!とミーハーに騒いでいる程度の、サッカー素人な私ですが
フランスで頑張っているルマン・松井大輔の活躍は是非見たい!

mans1.jpg

という訳で、TGVでパリから約1時間。

ルマン駅から、徒歩40分くらいだったかな?
スタジアム「Leon Bollee(レオン・ボレ)」に到着!

松井の所属する、ルマンのホームスタジアムです(´▽`*)

上の写真は、ルマンのサポーター!

mans2.jpg

商売っ気ゼロ?な品揃えの悪〜い、ルマングッズショップを見たり、軽食を頂いて
いるうちに、お!選手が出てきた!

わぁ、松井だーヽ(´▽`*)ノ

mans3.jpg

今日は、Valenciennes戦。

水色のユニフォームが相手チームです。(ってそんなの見れば分かる?)

mans4.jpg

ウォームアップしてるしてる!

影が絵になってますな。

mans5.jpg

ウォームアップしてるしてる!(2回目)

向かい合ってる格好が、なんだか可愛いです(´m`*)

mans6.jpg

ちょっと見にくいですが、MATSUIの名前が入ったユニフォームを来た子供がフェンス
にしがみついていました(´▽`*)

なんだか可愛い&嬉しいなぁ。

mans7.jpg

いよいよ、試合開始!
(え?ウォームアップの写真で引っ張りすぎ?)

mans8.jpg

前半はかなりハラハラの展開(*゚д゚)!
私の隣にいたルマンファンのおじいちゃんも、派手にキレまくっていました(*`Д´)ノ

サッカー観戦は初めての私は、ビールでも掛けられるんじゃないかと終始ビクビク
しまくり(((>_<*)))

mans9.jpg

それでも、松井の抜群のアシストで見事に巻き返して、3-2でルマンの勝利!
(ウォームアップの写真4枚、試合の写真2枚!!すいませんすいません!)

素人目にも分かる、松井の小回りの効いた動き。派手なパフォーマンスはなく
ただ黙って頑張っている姿に、どこか大和魂を感じられ、頼もしく感じました。

フランスの小さな町だけど、こんな頑張っている選手がいるんだなぁ。

何より、遠路はるばるいらしたTご夫妻が喜んで下さって良かった!

ウキウキの帰り道、帰路を間違えて、Tご夫妻にものすごい距離を歩かせてしまった
ことを反省しつつ、ルマンに一泊、翌朝パリに戻ったのでした。

【ブログランキング】参加中!
松井大輔に【ワンクリック】お願い致します!
ラベル:ルマン
posted by sayagata at 16:49| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

ルマン1泊。

200608192215000.jpg

一昨日から友人夫婦が泊まりに来てくれています。

今日は3人でルマンへ遠征(*´▽`)ノ
サッカーの松井大輔を応援しに行って来ます!

コメントのお返事が遅れますがご容赦下さい(>_<*)
posted by sayagata at 22:30| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

隣の晩御飯2。

E&Gの自宅にお邪魔した翌日は、Yを通じて知り合ったモンゴル人女性Eのご自宅へ。
彼女もまた、モンゴルディナーに招待してくれたのです(´▽`*)

お恥ずかしながら、モンゴルという国自体について、バター茶、お塩と相撲…と連想
する程度で、ほとんど知識がありませんでしたので、モンゴル料理なんてもちろん
初めて。

興味津々で、Yと彼女の自宅へ赴きました。

アペリティフを一頻り楽しんだ後、出てきたお料理がこちら!

ek1.jpg

わぁ、なんだか和食っぽい(゚д゚*)!

お野菜と牛肉の煮込み。日本の肉じゃがとすごく似てる!
七味が合うだろうなぁ。

たっぷり野菜とお肉、味付けは塩だけだそうで、素材のダシ勝負な、日本人に
好まれるお味のお料理でした。

ek2.jpg

中に入っていたラビオリ(餃子)。中には弾力のある牛肉が入っていてジューシー♪

思わずお代わりする私とY(*´▽`)

おなかいっぱいで一休み後、これまた彼女の手作りのデザートが出てきました。

ek3.jpg

チェリー入りヌガアイス。
写真が不鮮明ですが、上から木苺ソースが掛かっています(´▽`*)

これも、チェリーの酸味で爽やかさがあって美味しかった!

で、これもまたお代わりする私。(え?)

最後まで楽しいディナータイムを過ごしました。
今度はモンゴルのデザート食べてみたいなぁ。


ところで、Eはとにかく可愛い。

ふんわり優しい雰囲気をもっていて、話し方や身振りも人柄を表すようにおっとり。
いつもリラックスしていて、“女性らしさ”を凝縮したような女性なのです。

彼女のモンゴルでの学生時代や、パリに来てからの写真を沢山見せてもらいながら
思い出話に耳を傾けたのですが、本当に自然体で育ってきたんだなぁと、彼女が
魅力的な理由を垣間見た気がしました。

私に足りないところをいっぱい持っている子で、一緒にいるだけで気持ちがすっかり
癒されてしまう(しかもマッサージが劇的にウマイ!)。

まるでヒーラーなEなのでした。

お料理、とても美味しかった!E、ありがとう!
今度ぜひ、編み物教えてネ!←編み物もすごく上手!
(Eは、日本語もお勉強中です)

【ブログランキング】参加中!
モンゴル料理に【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 08:03| パリ ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

雨女確定。

ギメ美術館の後は、3人で屋外映画へ。

夏のパリイベントのひとつ「Cinema au claire de la lune(月明かりで映画)」の
6区での開催に参加して参りました。

パリを舞台にした映画を、その映画に出てくる由来の場所で上映するのだそう。
なんとも、小粋なイベントです(´▽`*)

昨日は、1967年の「La Chinoise」という映画。

Place Saint-Sulpiceというところに椅子が並べられ、以前行った屋外映画同様
風船のようなスクリーンに射影されるという仕組みです。

guimet6.jpg

パリはここ2週間ほど、やたらと涼しい。むしろ寒いくらい(>_<*)
実はこの日も、コートがいるんじゃないかという冷え込みでした。

さすがに観客の方が少なくて、余裕で座れるね、なんて話していたのも束の間。
ポツリポツリ…と雨が降ってきました。

guimet7.jpg

やっと暗くなり、スクリーンが立った頃にはほぼ全員が傘をさすほどに。

前回も、突然の雷雨で中止になったので、もしかして今日も…?と嫌な予感がした
のですが、なんとか上映は始まりそう(;´д`)=3

天気とはうらはら、主演の女優の方が来場していて、直々の挨拶もあるほどの
豪華っぷりでした。

ところが!

いざ映画が始まると、内容は超難解(私的に)、雨はさらにひどくなり、風も強い!
もはや映画どころではなく、やむを得ず、途中でみんなで席を立ったのでした。

前回も雨で中止だったし、日本でも出張先でよく雪を降らしたし…私が雨女な
気がしてなりません(つд`)うわーん。

結局、Cちゃんのおうちにお邪魔し、明け方まで飲み明かしたのでした。

Cちゃん、突然の訪問だったのにありがとう(つд`)
ラディッシュが激しく美味しかったよ。

【ブログランキング】参加中!
雨女にも【ワンクリック】お願い致します!
posted by sayagata at 07:35| パリ ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | パリ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。